世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

JOY JOY JOYPOLIS

毎年虫歯予防デーを祝してブログデザインを変更しているわけですが、今年のデザインはこれで。
文章の表示幅が広いのが気に入りました。

先日は20年来の友人が虫歯予防デーを祝いに梅田くんだりまで来てくれたのですが、あいにくの雨で「なにしようかなぁ・・・」と。
「そういえば、HEP FIVEにジョイポリスがあったよなぁ。まだつぶれてなければ」ということで、男二人で平日の昼日中にジョイポリスまで行ってきた次第。
まだつぶれてなかった。

ちなみに、ジョイポリスはこんなところ
ゲームセンターに毛の生えたようなところというか、テーマパークの毛を剃ったようなところというか。

「どーせ子供だましのしょぼいアトラクションに600円とかありえへんわ」と思いつつも、まぁ、他にすることもないし、時間つぶしのつもりでやってやろうじゃないかと。
まずは「スカイクルージング」という、ふたりでハンググライダーを操作しながらタイムを競う体感ゲームを遊んでみることにしました。

「ハンググライダーゲームごとき、このファミっ子のゲームテクをもってすれば余裕。前の親子連れ、後ろのカップル、俺たちのタイムにひざまづけ!」と舐めてかかっていたら、このハンググライダー、すんげぇ速いの。
あの速度はジェット機並み。
しかも、ハンググライダーの操作ってば、左に曲がりたいときはバーを右に移動させる。でも、上に上昇するときはバーは上に――みたいな感じだから。
おじさん、頭の中こんがらがっちゃって。
崖やら木々やらにガシガシぶつかり、そのたびに座席はガクンガクン揺れるから。
ええ歳したおっさん二人が、ギャーギャー言いながらプレイしている姿は、たぶん見られたものじゃなかっただろうと思う。
でも、おかげで二人の距離はぐっと近づきました。

バカにしていたジョイポリスでしたが、このアトラクションで一気にテンション上がっちゃいまして。
勇んで選んだ次なるアトラクションは、「ワイルドリバー ~スプラッシュ!~」
激流下りのアトラクションですね。
こちらも、隣に座った小学生のお子さんに負けず劣らず、きゃっきゃと楽しんでしまいました。

アトラクション券3枚で1400円というチケットを購入したので、残るアトラクションはひとつ。
さてどれにしようかな、と。
「スカイクルージング」も「ワイルドリバー」も予想以上に楽しくて、ちょっと妙なテンションになっちゃってたんでしょうね。
ここは「スペースゲーニンズ」しかないやろ、と。
絶対面白くないだろうけど、あえてこれをチョイスせずして、なんの男かと。

アトラクションが終わった後、さっきまでのテンションの高さが嘘のよう。
このアトラクションの担当になってしまったスタッフのお姉さんの気持ちとか、何も知らずに並んでいる子供たちの数分後とかを思うと、なんだかすごく悲しい気持ちでジョイポリスを後にすることとなりました。

「すべる」ということを舐めたらアカンと思い知った誕生日前の一日でした。
[PR]
by kude104 | 2008-06-04 17:56