世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夢見て恋、覚めても愛

多分夢見ることが悪いんじゃない - pouda::memo

ぼくは自分のToDo リストの中で恋愛の優先順位がけっこう低いのですが、この文章を読んで、そう言えば、ぼくは恋愛で「自己承認」を満たそうと思ったことがないよなーと気付いた。

もちろんぼくにも「他人に認められたい」という欲求は多分にあるのだけど、そのエネルギーは恋愛に向うよりも、「すごいソフトウェアなりネットサービスなりを作って認められたい」という方向に向かう。

ドラマなんかでよくキャリアウーマンが「いまは恋愛よりも仕事」なんて言うシーンがありますが、ああしたことも、「何によって自己承認を得ようとするか」という視点で捉えると面白いね。
一昔前の(今でも、かな)女性というのは、あまり社会進出できなかったので、仕事で自己承認を得られる機会がほとんどなかったわけで。
そうすると、恋愛で自己承認してもらうしかないじゃないですか・・・と。
「男は仕事、女は恋愛」となりがちなのも、そうしたことが理由のひとつにあるのかもしれない。

それにしても、そうか、「恋愛に自己承認を求める」なぁ。
言われてみれば、その発想は無かったわ。
ぼくの恋愛がだいたい上手くいかないのも、そのへんに原因があるのかもね。

恋愛相手に自己承認を求めるという発想がないので、相手の「あなたを承認していますよ」というシグナルに気付かず、相手の「わたしを承認して」というシグナルにも気付かない。
そりゃ駄目だわ。

「恋愛に」というのは勘違いしてるとしても、「恋愛相手に」救済してもらうくらいの甘えがないと、恋愛などできはしないのだろう。
次は失敗しないように、ちゃんとメモしておかなきゃ。
[PR]
by kude104 | 2008-05-24 19:19