世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

被害者の救済

本村洋さんにその質問をしないで、いったい何を聞くの? - (元)登校拒否系

本村さんご本人が答えていらっしゃるように、この判決で死刑のハードルが上がるとか下がるというのは、司法の慣例主義に則った見方であり、本村さんはまさにその慣例主義と戦ってこられたのだから。
「慣例主義を覆したことをどう思いますか?」という質問なら分かるけど、「新たな慣例を作ったことをどう思いますか?」と尋ねるのは、やっぱり筋が違うように感じるのだな。
これが慣例となるかどうかは司法の問題だから、司法に聞けよと。

本村さんは戦っている人だから、これくらいの質問は大丈夫だろうというのは、まさに見事に大丈夫だったわけだけど、戦えるからといって戦いを挑んでもいいということではないだろう。
本来であれば戦わなくてもいいはずの人が戦っている姿というのは、どうしても切なさを覚えずにはいられない。

被害者の救済というものをどうしていけばいいのだろうと、思わずにはいられない。
[PR]
by kude104 | 2008-04-23 17:13 | 時事・社会