世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「パズルのルールを覚える魅力が・・・」みたいなものかと

プログラムを覚える魅力がいまいちわかりません… - ZAPAブロ~グ2.0

ぼくの場合は、やっぱり「面白いから」ですかね。
プログラムを覚えること自体は特に面白いわけじゃないけど、それを使ってモノを作るのは面白い。

単純に、創作って面白いじゃないですか。
作らされるのは面白くないけど、自分の作りたいものを作りたいように作るのは面白い。

ぼくは、「こんなのがあったらどうだろう」とか「この不便さをどうにかする手はないものか」とか空想するのが好きですけど、たとえばそれがネットサービスなら、プログラムが組めると(ある程度までなら)空想するだけじゃなくて実際に自分で作ってみることができます。

小学生チックに言えば、「夢のスーパーカー」なんかを空想するのは楽しいですが、「キミが考えたスーパーカーが現実のものになる!」と言われると、空想することそれ自体もより楽しくなりますよね。
で、スーパーカーなんてものは自分一人ではまず作ることができませんが、ソフトウェアやネットサービスなら、自分一人で作れちゃう(大規模なものは難しいけど)。

たとえば、「世の中を変えたい」と思ったとして。
実際に世の中を動かそうと思ったら、すごく大変じゃないですか。
「自分一人の力で、何ができるだろう・・・」と思ってしまいます。
でも、たとえば Google や YouTube は、世の中を大きく変えました。
もしかしたら、ぼくの作るネットサービスが世の中を大きく動かすかも知れない――と、空想できるところが面白いですね。
ある種、宝探しというかトレジャーハンターに似た気分でしょうか。
まだ見ぬ財宝を求めて、山に上ったり海に潜ったり地面を掘ったり、そんな気分です。

プログラミング自体は、パズルちっくな面白さだと思います。
「こういう動作をさせたい」という完成形があって、プログラムの命令語などがパズルのピースです。
ピースをああでもないこうでもないと弄っているうちに、ある形でピタリと組み合わさって、見事完成形が現れる快感。
プログラミングって、ジグソーパズルに近い気がしますね。


プログラムを覚えるのはたしかに大変ですが、趣味レベルでいいなら、「習うより慣れろ」くらいの気持ちでいいんじゃないかと思います。
はじめに、とりあえず基礎的な(プログラムの解説本なら1章~2章あたり)ことだけ学習すれば、あとは実際にプログラムを組みながら、その都度「どうやればいいか」を調べつつやっていけばいいんじゃないかな。
初めに全部覚える必要はなくて、必要なものを必要な時に必要なだけ覚えていくつもりでいいと思う。

ただ、ネットサービスを作る際には、セキュリティにだけは気を付けて。
基本的には、ユーザの入力など他人のデータを自分のところに取り込んでなんやかんやするときには注意して。
そこさえきちんとしていれば、あとはテキトーでも稚拙でも美しくなくても、楽しければいいと思います。
[PR]
by kude104 | 2008-03-29 17:10 | PC&ネット