世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

勝ち組とか負け組なんて意識ではどうにもできない

お金を払うものが「勝ち組」だって? - reponの日記

お金を払って手に入れた物と、無料で手に入れた物とでは、その物に対するときの気持ちに少ながらぬ違いがあるように、ぼく自身は感じています。

たとえば音楽。
ぼくの場合、自分で買ったCDとレンタルしたCDとでは、聴き込み度が明らかに違う。
自分で買ったCDは、大げさに言うと、支払った金額分のもとを取ろうとして、好きになるまで聴き込むようなところがある。
対してレンタルだと、1~2回聴いて気に入らなければそれまでとなりやすい。

ぼく自身の感覚としては、物があふれるようになると、ひとは味わうのではなく、ただ消費するだけに陥りやすいような気します。
消費者は、お金を払って消費してくれるうちは良いけど、お金を払わなくても消費できるようになったら、本当にただの消費者になってしまうのではないかな。
たとえセンスが養われても、ほとんどの消費者は、より効率よく消費するためにそれを使うだけじゃないだろうか。

そうは言っても、現実問題として、音楽にしろ文章にしろ動画にしろ、デジタルコンテンツは突き詰めればいずれ無料になるだろうという気はしますね。
たとえば音楽というものが、録音メディアの登場で売れるものになったのであれば、ネットの登場で売れないものになるのは、時代の流れというものでしょう。
そうなったときに、今までと同じ規模でクリエイターにお金を還元させる方法なんてものはないのではないかと、漠然と思ったりもします。
たとえば今の時代に、紙芝居屋さんにお金を還元させる方法を探すのが難しいように。

産業の栄枯盛衰は、勝ち組とか負け組なんて意識ではどうにもできないと思うのです。
[PR]
by kude104 | 2008-03-27 23:59 | PC&ネット