世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

つい数日前まで真冬の寒さに震えていたのに、なんだかもうすっかり春気分です。
春と言えば?
そう! 春だ一番ドラえもん祭り――じゃなかった、ドラえもん映画です。
今年もやっぱり観に行っちゃいましたよ。

今年の『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』は、一言で言うと、「これは無いな」と。
毎年多かれ少なかれ「ひどいひどい」言ってますけど、今年が一番ひどいわ。
たぶん、過去最低。
これで、オリジナルシナリオはやっぱりもうダメだということを証明した形になったのではないかと思います。
来年は宇宙開拓史のリメイクのようだけど、もうこの先ずっとリメイクでいいじゃん。

なんか、ツンデレなアミダラ女王とか、スーパーサイヤ人なキー坊とか、緑の巨神兵とか、どこかで見たようなビジュアルイメージ満載でさ。
内容的にも、「風の谷のナウシカをドラえもんでやってみました」みたいな感じでさ。
もちろん、面白さは雲泥の差だけどね。

うーん、「緑を大切に」というメッセージ性に酔っちゃったんだろうか。
大作志向が暴走したんだろうか。
完全に、「ドラえもん映画」であることを見失っている。
よくあれでゴーサインが出たなと。
誰か止めるやつはいなかったのか。

えー、お子様をお持ちのお父様方、お母様方。
「ドラえもんの映画が観たい~」とお子様にせがまれたら、悪いことは言いません、ケロロ軍曹のほうにしましょう。
ケロロ軍曹が面白いかどうかは知りませんけど、少なくとも、今回のドラえもん映画よりはましだと思うので。

悲しいけど、これ現実なのよね。
[PR]
by kude104 | 2008-03-12 21:47 | 映画