世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

"幸せ" に投資する Kiva.org

寄付3.0 ──ネットで生まれた募金の新しい動き - OhmyNews:オーマイニュース

これは面白い。
簡単に言うと、(主に?)発展途上国で事業を起こすための資金援助を求めている人たちと、彼らに資金援助してもよいという人たちとをネットで結びつけるというものだけど、ユニークな特徴がいくつかあって――。

まず、資金を寄付ではなくて「無利子で貸す」という点。
つまり、借りたほうは借りた額をそのまま返せばいいということ。
無利子無担保で貸すとはかなり太っ腹だけど、でも、「あげる」のではなく「貸す」というのが、相手にとっても自立と自覚を促してとても大切なことだと思う。

で、見事事業が成功し、貸したお金が返ってきても、出資した本人の手元には一切戻らないという点。
代わりに、戻ってきたお金は別の案件にそのまま資金援助として投資することができる。
つまり、貸し倒れがない限り、最初に支払う25ドルだけで、資金援助→事業化成功→資金回収→資金援助→事業化成功→資金回収→・・・と、延々連鎖していけるのだ。

通常の一般的な投資だと、投資した資金は回収時には増えているわけだけど、この Kiva.org では1円たりとも増えない。
でも、その代りに「幸せ」が増えていく――というと、キザだろうか。
寄付だと1回、寄付をしたその瞬間だけ幸せ気分を味わえるけど、Kiva.org なら何度でも何度でもそれが味わえるというのが、とても面白い発想だと思う。

前にNHKクローズアップ現代でNPOバンクというものについて特集していたのを観て、とても面白いと感じたけれど、これはさらにその一歩先を行く感じ。
社会が成熟してある程度豊かになると、金銭的なリターンではなく、精神的な幸福感をリターンとする投資があっていいと思う。

そしてぼくは、インターネットというものがこんなふうにして、国連でもなく、国家でもなく、たった一人の思い付きを原動力に、普通の人々の普通の行動を結びつけて、世界をより良くしていけるのだ――という可能性にしびれる。
そういうものを生み出す力を、ウェブ国産力と言いたいものだ。
[PR]
by kude104 | 2008-01-28 23:14 | PC&ネット