世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

tumblr問題でイラスト作者側にできることを考えてみる

TBもいただいたことだし、tumblrについてさらに考えてみる。
例によって、tumblr自体について無知なまま書いているので、間違い等は教えて頂けると嬉しいです。

まず、やはり、tumblrに転載されるのを嫌う人のために、メタタグなんかにtumblr拒否の意思表示をしておけば転載されないといった仕様は実装されるべきだろうと思う。
転載問題の根本的な解決策ではないけれど、多少の対処療法にはなるだろうし、こうした仕様があるのとないのとでは、あったほうが仕組みとしての完成度は高いと評価できるし。
いずれそのうち実装されるだろうとは思うけど、転載されて困っている人は、そのへんtumblrの作者に要望出して働きかけるといいのではないかな。

それ以外に、イラストコンテンツの作者側ができる対策としては、たとえばイラストの画像ファイルをFlashファイル(swf)化するという手はどうだろう。
クリックしたら自サイトにジャンプするようなイラストFlashを作って、それを画像ファイルの代わりに公開するわけ。
Flash作るというと難しそうだけど、Flashソフトに画像ファイルを読み込んで、クリックしたら指定したURLにジャンプする命令を1行書いてパブリッシュすれば終わりだ。
たしかフリーのFlashソフトがあったと思うので、それ使えばいいんじゃないかな。
tumblrでFlashの「引用」がどう処理されるのか分からないけど、単純な画像ファイルよりは作者側が自分の意思を通せそうな気がする。


tumblrに限らず、この問題の本質は、一般的にディベロッパーよりもパブリッシャーのほうが立場が強いというところにあるように思う。
あるいは、コンテンツよりもメディアのほうが、材料の生産者よりも加工業者のほうが・・・などなど、基本的に世の中というのはそういうふうにできている。
消費者に近づくほど立場が強く、遠ざかるほど弱くなるわけ。

このtumblrの問題にしても、本質的には、どうしたってイラスト作者よりもtumblrなりニュースサイトのほうが消費者に近くなるってところに、なにかこう越えられない壁のようなものを感じるわけだ。
この壁を越えようと思ったら、イラスト作者たちが集まってひとつの制作者集団を作って、自分たちで自分たちのメディアを持つといったような動きが必要になってくるのかも知れない。
[PR]
by kude104 | 2008-01-16 22:44 | PC&ネット