世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

クリスマスはイブのほうが盛り上がる理由

本当は今日がクリスマス当日なはずだけど、日本じゃイブのほうが“本番”ですよね。
どうしてクリスマスはイブのほうが盛り上がるのか、考えてみた。

まず、サンタクロースがプレゼントを運んでくる時間帯が、大人の事情により、真夜中でなければならないというのがひとつ大きな理由じゃないかと思います。
子供がクリスマス本番にプレゼントを受け取るためには、サンタさんが各家庭に訪れるのは24日の深夜ということになります。
日本じゃクリスマスというとカップルのためのイベントというイメージが強いですが、まずその前に、子供たちにとっての一大イベントであることを忘れてはいけない。
そして、子供たちにとってのクリスマスの最高潮は、プレゼントを手にした瞬間でしょう。
手にした後は、正直、興味の対象がクリスマスからプレゼントに移りますから。
そこでクリスマス終了ってな感じになります。
つまり、子供たちにとってのクリスマスは、24日の夜から25日の朝にかけてが本番なのですね。

キリスト教の信者さんたちは、たぶん、25日は教会に行ったりして、宗教的に特別な気分で一日を過ごすのではないかと思います。
これならば、25日の朝に終わるのはクリスマスパーティであって、クリスマスの本番は25日という認識になろうかと思います。
でも、日本人のほとんどはこうした宗教的な気分等々を持ち合わせていませんから、クリスマスパーティの終わりがクリスマスの終わりになるわけですね。

もしサンタさんが子供の活動時間中に堂々とプレゼントを運んでこられるなら、クリスマスは日中は教会、夜はパーティ、その席でプレゼントという流れで、25日の本番のみのイベントとして行われる形になっていたのではないかと思います。
これなら日本でも、クリスマスの本番は25日の夜ということになっていたんじゃないかな。

べつに日本でも、24日にクリスマスパーティをして、25日も(宗教関係なく)クリスマス気分でいればいいじゃないかと思うのだけど、なかなかそうもいかないでしょうね。
まず、二日続けてハレの日とするのは、財布がちと痛い。
そして、海外はクリスマス気分のまま新年まで突入しますが、日本はそうじゃない。
クリスマスが終わったら、大晦日に向けてさっさと気分を切り替えなければなりません。
洋のクリスマスから和の正月へという、気持ち的に不連続な切り替えをしなければならないという点と、やっぱり日本は仕事第一なんじゃないかな。
仕事納めが間近にあるので、だらだらとクリスマス気分じゃいられないのでしょう。
[PR]
by kude104 | 2007-12-25 23:45 | 時事・社会