世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーターが正社員として就職するための裏ワザ

先日の「“就職氷河期世代”が中国で搾取されている件」からこなた、フリーターが正社員として就職するにはどうすればいいかと考えていたわけですが、裏ワザ、思いつきました。

フリーターがなかなか就職できない理由のひとつに、職歴の貧弱さがあると思うのです。
正社員として長らく務めた経歴の持ち主と、派遣やアルバイトを転々としている経歴の持ち主と、どちら採用されやすいかというと、やはり前者でしょう。
場合によっては、「一度も正社員として働いたことがない」というだけで門前払いされるケースだって多々あろうかと思います。

だったら、就職を希望するフリーターは、就職活動をする前に正社員として勤めた職歴を作っちゃえばいいんじゃない?
どうやって職歴作るかと言うと、ずばり、自分で会社を作っちゃうわけ。
採用してもらうのが難しいなら、自分で自分を採用しちゃえばいいじゃないかと。

会社を作るったって、もちろんペーパーカンパニーですよ。
いやまあ、きちんと活動できるならそのほうがいいけど(それで成功すれば、もう就職する必要なんてなくなるわけだし)、とりあえず今回の目的は職歴を作ることなんで。
形だけ、肩書きだけあればいい。
ただまぁ、職歴に「社長」とあるのは、どうなんだろう、なんとなく採用面ではマイナスっぽい気がするので、親か誰かを社長にして、自分はそれなりの役職で『就職』するなどの知恵は必要かも知れません。

本当に何も実態のないペーパーカンパニーでは騙しているようで心苦しいので、とりあえずネットでホームページ作って広告料を収益とする会社です、とかどうでしょうね。
本気で収益を上げる気がないので、ホームページ作りなんてテキトーでOKです。
でも、テキトーとはいえ、ちゃんと作って運営していれば、最低限の恰好はつくというもの。
テキトーか真剣かという点を除けば、ホームページを作って広告料を収益とする会社や、全然儲かっていない会社はたくさんあるわけで、形の上では違いはない。

どうせなら、初めにフリーターになった時点で、こうした会社を作って、そこに就職しておくといいでしょう。
つまり、フリーターのほうを『副業』にするわけ。
こうすれば、アルバイトを転々としても、本業のほうはずっと一所に勤めていることになりますよね。

――というアイデアなのですが、いや、実際に可能かどうかは知りませんよ。
たぶん、本当にやろうと思ったら、いろいろ難しいところが出てくるんでしょうねきっと。
まぁ、ふと思いついた与太話です。
[PR]
by kude104 | 2007-10-07 23:59