世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今注目の映画は・・・?

さて、毎月恒例映画サービスデーに観る映画の選定です。
今回はなかなか粒揃いな印象。

まず、イチオシは『笑の大学』でしょう。

今や日本を代表する喜劇作家・三谷幸喜氏の『笑の大学』を映画化したものです。
もともとはラジオドラマとして作られ、その後舞台劇となり、三谷作品の中でも最高傑作との呼び声も高い作品を、三谷氏自身の脚本で映画化!と聞くと、それだけで観たくなるじゃないですか。
映画は脚本が面白ければ、どう転んでも最低限面白いと思っているんで、これは期待していいんじゃないでしょうか。

お次、気になるのは『ソウ』なんですが、ただ、これはちょっと迷うところだなぁ。

オーストラリアの映画学校生2人が脚本を書き、監督と主演という形でハリウッドに送った原案が見事映画化。
短期間・低予算で作られた映画ながら、サンダンス映画祭で公開されるや大評判を呼び、バイヤーたちによる激しい争奪戦が繰り広げられたという、なんかちょっとアメリカンドリームな逸話を持つ作品です。

老朽化したバスルームで目覚めた二人の男。
部屋の両端にそれぞれ鎖で足をつながれ、逃亡は不可能。
二人の真ん中に、自殺死体がひとつ。
そして見えない犯人から、6時間以内に相手を殺せ、さもなくば2人とも殺すと迫られる・・・。

とまぁ、ここまではメチャクチャ面白そう。
もともとぼくはサスペンスやミステリーが大好きなんで、この設定は非常にそそられます。
ただひとつだけ不安なのは、ぼく、怖いのダメなんですよ。

聞くところによると、この映画、けっこうショッキングな作りらしいです。
それがどの程度なのか・・・という判断がつかず、躊躇われます。

他には、『いま、会いにゆきます』なんてのも、丁寧に作られた良作って感じで興味あるんですけど、ただまぁこいつは野郎一人で観るのはいかがなものか?という気がするので断念。

あとは、『コラテラル』とか『隠し剣 鬼の爪』なんかも気になるし。
他にも・・・と、ちょっと際限ないくらい。

とりあえず、邦画頑張ってますよね。
『デビルマン』は別としても。
[PR]
by kude104 | 2004-10-29 20:34 | 映画