世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

卒論代行は大学が悪い

1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

頼むほうが愚かだと思うばかりで、業者を「犯罪者」呼ばわりするのは違う気がする。
別に詐欺行為ってわけでもないようだし。
それとも、卒論を代行して書くのに何か法的な資格が必要なのだろうか。

需要がなければ供給もなくなるわけで、つまりは、こんなサービスを利用しようという学生がいなくなればよい話だ。
なので、大学側は、自分のところの学生がこんなサービスを利用しないよう指導すればよいだけの話ということになる。
それを、業者側を非難し潰そうとするのは、翻って言えば、学生側をそのように指導できないと認めるようなものではないのかな。
需要を断てないから供給を断とうと。

理系の場合は「研究」をして、その成果を卒論にまとめる形になるので、丸投げはほぼ不可能でしょう。
ぼくは理系だったので文系のことはよく分からないのですが、「文系にも研究ってあるの? ないとしたら、卒論にはなにを書くの?」というのはたしかに疑問でした。
でも、文系だって、論文を書こうと思ったらそれなりの「研究」は必要だろうと思います。
少なくとも一年か半年くらいは時間をかけた研究が必要になるでしょう。
中間報告のような形で指導教官がそれをきちんとチェックしていれば、卒論丸投げ以前に、指導すべき学生は指導すべきと分かるのではないのか。

だとしたら、卒論代行が行われる理由のひとつに、指導教官がきちんと学生の指導をしていないから、というのが考えられる。
この場合、それは学生でも代行業者でもなく、指導教官が悪い。
大学が悪い。
その大学は学生をきちんと育てられない大学ということになる。

あるいは、研究なしで書けてしまえる程度の卒論でOKということなのだろうか。
一ヶ月間くらい文献調べてまとめれば一丁上がり、みたいな。
その程度の卒論でOKなんだったら、そんなもん、誰が書いたって別にいいじゃないかという気がするなぁ。
形だけの卒論なわけでしょ。
ああ、でも逆に言うと、形だけの卒論だからこそ、本人が苦労して書くことが重要なのかも知れない。
卒論の内容に意味はなく、修行と同じで、苦労するところに意味があるという。
まぁ、たしかに、大学の卒論なんて大なり小なりそんなもんかも知れないけどね。

ただ、大学側の対応としては、代行を禁止することで防ぐのではなく、代行を頼む余地のない卒論を書かせる学問をして欲しいと思います。
[PR]
by kude104 | 2007-08-19 23:59