世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

戦争がない世界にするにはどうしたらいいのか

( ;^ω^)<へいわぼけ: 戦争がない世界にするにはどうしたらいいのか

世界を統一することだろうね。

明治維新前は日本も国内でたびたび戦争が起きていたわけだけど、明治政府によって藩という「国」が解体されて日本国の「県」になったことで、国内での戦争はなくなりました。
もちろん、単純に「ひとつの国」にすれば戦争がなくなるわけではない。
統一後も、たびたび「内戦」が起こっている国もたくさんあるからね。

戦争がなぜ起きるのかというと、利害の対立を軍事力でもって解消しようとするからです。
ここで重要なのは、利害の対立それ自体は、必ず起こりうるということ。
経済活動を行う以上は、遅かれ早かれ、多かれ少なかれ、利害は必ず対立する。
双方譲れない利害の対立が発生したとき、それをどのようにして解決するかという問題が、どうすれば戦争をなくすことができるかという問題です。

双方譲らないAとBの対立を解決する方法は2つしかない。
AとBが暴力で勝ち負けを付けるか、第三者であるCが調停するか。
「話し合って解決する」のが理想ですが、それができれば「双方譲らない」とは言わないわけで。

で、この「第三者であるCが調停する」ということが、すなわち、「統一する」ということです。
AとBの暴力を封じ、両者の利害を調停し、その調停に不満があろうと従わせる。
このとき、Cに従わせるだけの力がなければ、いずれAかBかがCの調停を暴力で拒否するようになるかもしれない。
また、Cの調停が公平でなければ、やがてAかBかが不満を募らせ、Cからの独立を求めるようになるでしょう。
統一後も内戦の収まらない国というのは、国家に力がないか公平でないか、そんなところではないでしょうか。
逆に言えば、国家が調停者として立派に機能していれば、国内での戦争はなくせます。

同じことを地球規模に拡大すれば、戦争のない世界を実現させることができる。
ただ、世界を統一するのは、国を統一するのとは規模も複雑さもまるで違うから。
並大抵のことでは不可能だろうけどね。
でも、絶対に無理だとは思わない。
「有史以来、人類は常に戦争してきたのだから、これからもずっと戦争し続けるだろう」とは思わない。
だって、インターネットひとつ取ったって、有史以来、人類がインターネットを持った時代なんてなかったんだから。
つまり、環境が変われば、過去の常識なんていくらでも変わると思うのです。

ただ、戦争をなくすために戦争の悲惨さを訴えることは、有意義ではあるけどそれだけでは良くておそらく50%だろうと思う。
どれだけ戦争が悲惨なものだと知っていても、戦争をするときはする。
悲惨であると知るが故に、少しでも有利に事を運ぶために戦争することだってあるでしょう。
なので、なぜ、どういう理由で、どういう経緯で、過去戦争が行われたのか。
それを回避する道はなかったのか。
「戦争は悲惨だ」というのが感情面からのアプローチなら、そういったロジカルに戦争のことを考えるアプローチも必要だと思います。
[PR]
by kude104 | 2007-08-06 23:59