世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

そもそも会話にオチはない

痛いニュース(ノ∀`):「オンナの話はオチがない」…なぜ男性は“しゃべらない女性”が好きなのか?

ぼくはしゃべる女性は好きだけどな。
こっちから話題探さないで済むんで、楽だ。

だいたい、男女限らず、普段の会話にオチを求めるなといいたい。
「面白い話して」とか言うな。
会話の内容が面白いんじゃなくて、あなたと会話することが面白いんだから――ってね。

あと、みんなもっと「つっこみ」の重要性に気づくべきだと思う。
お笑い芸人でもね、ボケが巧い芸人さんはそこそこいるけど、つっこみが巧い芸人さんって、まぁ少ないと思いませんか。
でも、真に最強なのは「つっこみ」ですよ。
つっこみこそが笑いを作ると言っても過言ではない。

つっこみひとつで、面白くない話も面白くなり、オチのない話にもオチが付こうってもんです。
だから、妻の話が面白くないのは、旦那のつっこみ力が低いからです。
オチのない話を転がして転がして、ここぞというタイミングでつっこんでオトす。
オチは自ら作るものです。
さあ、そうと気付いたら、早速今日から妻のオチのない話につっこむ練習をしましょう。

――というより、そもそも、「しゃべらない女性が好き」という男性は、要するに、女性とコミュニケーションしたくないってことなんだろうな。
だって、たぶん昔は、惚れていたころは、そんなオチのない話でも楽しくて仕方なかったはずだもの。
端から会話を楽しもうという気がないから、実のない会話はただ面倒くさいだけに思えるんじゃないだろうか。

しゃべらない女性が好きなのではなく、好きじゃない女性とはしゃべりたくないってのが真相ではないかと。
[PR]
by kude104 | 2007-07-05 22:52