世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

そこに印籠はあるのか?

J-CAST ニュース : 「当て逃げ」動画で大騒動 本人解雇、勤務先も謝罪

車の「当て逃げ」の映像がYouTubeにアップされ、そこに車両のナンバーが映っていて、同じナンバーの車両の写真がMixiにアップされていることが発見され、そこから所有者の勤務先や妻のアカウントなどが特定され、2ちゃんねるに所有者の住所や勤務先の連絡先などの個人情報が書き込まれ、この人物やその妻の写真、自宅や問題の車両の車検証を撮影した写真までアップされ、その甲斐あって、所有者が勤務していた会社のホームページには謝罪文が掲載され、車の所有者は懲戒免職処分となりましたとさ。

めでたしめでたし――じゃなくて、いや、これ、めちゃくちゃ怖いって。

たしかに、「泣き寝入り」するしかなかったところに正義の鉄槌が下されたのでしょう。
それはそうなのかも知れない。
でも、これは――私刑に他ならない・・・よね?

Mixiにアップされている写真のナンバーと一致することに気が付くとか、どうやったらそんなもん気が付くのかさっぱり分からないんだけど、「もしかして映っているかも?」ということで、ひとつひとつ写真をチェックして回ったのかなぁ。
「問題の車両の車検証を撮影した写真までアップされ」とか、その情熱たるや、ちょっと偏執的すぎやしないかと思ってしまう。
そうした偏執的な正義感がぼくには怖いし、国家権力でもない普通の人々がこうして個人情報を割り出し、見事「裁き」を下してしまう、その力の凄さが怖い。

現実社会で私刑が禁止されているのには、それなりの理由があるのだろうと思う。
ましてや、匿名の集団で裁くなんてのは、たぶんきっとよろしくない。
もし間違って無実の人を裁いてしまったとき、その責任は誰が取るの?
今回のケースは、まぁ印象としては、たぶん車の所有者が当て逃げをした犯人ということで間違いないように思えますよ、たしかに。
でも、もし万が一にも間違っていたとき、どうすんのさ。
誰が謝罪し、誰が彼の被った損失を補償してあげるの?
そういう「責任」を引き受ける覚悟のない主体が、他人を裁くのはよくないと思うんです。
娯楽で他人を裁くのは、たとえそれが「正義」であっても、よくないよ。

今回のケースで言えば、取り合わなかった警察が悪いということで、ネットの力を使ってこちらに抗議行動を行うのが正しいあり方じゃなかったかと思います。

最近こうした事例が増えているように思うけど、私刑が当たり前のようになると、ネットに規制が入るか世の中が恐怖社会化するかどちらかじゃないかという気がするので、ほどほどでお願いしたいです。
[PR]
by kude104 | 2007-06-22 22:56 | PC&ネット