世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

こんにゃくゼリーとか

ここ数日エキサイトブログが異常に重くてアクセスできませんでしたが、ようやく通常状態に復帰した模様。
中の人、お疲れ様です。

消えた年金問題で報じられる社会保険庁のずさんな仕事っぷりは、なにかこう、「社会主義経済がダメな理由」というテロップ付きで観ても違和感ない気がしますね。
やはり人間、信賞必罰のない職場で働いてると、ああなっちゃうんだろうなー。
一方、「資本主義経済がダメな理由」は、コムスンですね。
まさに、両体制のダメなところを並べて見られる好機です、てな様相です。

asahi.com:三重・伊勢市のこんにゃくゼリー死亡事故、遺族が提訴 - 社会

ぼくも昔、飴玉をのどに詰まらせて危うく死にかけたことがあります。
なのでというか、逆にというか、「こんにゃくゼリーだけが危険だと思うなよ!」という気がします。
モチとか、地味にデンジャラスやし。

なのでまぁ、責任を問うなら学童保育所の不注意かなと思いつつ、それはそれとして、製造元ももう少し安全性を考慮してもよかったんじゃないかという気がします。
「吸い込まず、よくかんで食べるか、スプーンでお召し上がりください」という注意書きでリスクヘッジできると思ったんですかねぇ。

容器を、たとえば「ぷっちんプリン」式にすればいいのに。
大きさもあれくらいで。
そうすれば、いやでもスプーンで食べるだろうし、なによりぷっちんするの面白いし。
ネーミングとキャッチコピーは「ぷっちんぷるるん こんにゃくぷっちんゼリー」で。

どうしても一口サイズでというなら、真ん中に穴を空けてドーナツ型にすればいいんじゃないかな。
そうすればのどに詰まっても気道が確保できるでしょう。
ネーミングとキャッチコピーは「こんにゃく星からやってきた こんにゃくUFOゼリー」で。

死亡事故が起きて危険性が指摘されてなお、あの容器にこだわるには、なにかそれだけの理由があるのかなぁ。
[PR]
by kude104 | 2007-06-16 23:59