世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本から革新的なネットサービスが生まれない理由

たとえばJoostであるとかFacebookであるとか、はたまたGoogle Maps - Street Viewであるとか。
(それぞれ、以下参照――アンカテ(Uncategorizable Blog) - YouTubeが信長ならJoostは家康かメディア・パブ: Facebookが今日にも開放路線を発表,SNSがOSの役割をGoogleマップに平面視点で地図を見られる新機能「Street View」追加 - GIGAZINE
なんだろう、この「世の中が変りそう」な予感は。

なにか世の中を変えてしまうような予感を感じさせる――ひらたく言うと、ワクワクするようなネットサービスを作り出すということにおいて、アメリカはほんと圧倒的だなぁ。
それが本当に世の中を変えてしまうかどうかはまた別の話として、少なくとも、「もしこれがうまくいけば、なんかすげぇことが起こりそう」と思わせてくれるだけの大きさを持った風呂敷ではあるように思う。

翻って、日本は・・・という話になっちゃうんだけど。

日本産で、ワクワクするようなネットサービスって、なにかあります?
面白いサービスやよく出来ているサービス、使いやすいサービスはたくさんあるけど、その登場前と登場後とで世界を変えてしまうような、そういう期待を一瞬でも抱かせるようなサービスって何かあるでしょうか。

どうして日本では革新的なネットサービスが生まれないのかということを考えるに、これはもう単純に「儲からないから」だろうと思います。
日本で革新的なネットサービスを発明して大金持ちに!みたいなサクセスストーリーって、まるで現実感がない。
デイトレードで大儲けとか、アフィリエイトで大儲けとか、そっちは真に受けちゃう人も多くいるのにね。
サクセスストーリーがないから、「いっちょやってやるか!」みたいな有象無象の野心家が集まらない。
結果、それなりのモチベーションとビジネス的な期待値でできるのは、流行りのネットサービスのクローンを作るくらいになっちゃうのでしょう。

無料で提供して広告から収益を上げるというスタイルが定着した今、革新的なネットサービスが生まれるかどうかは、ネット広告市場の規模の大小に依ると言えるでしょう。
上場であるとか売却であるとかそういった形での儲けも、そのサービスが将来もたらすであろう利益の大小、つまりは広告収入の大小によって決まると言えるわけで。
その広告市場の規模が、日本とアメリカとじゃ大きく違う。
もし、日本でもネット広告にガンガンお金が流れるようになれば、日本発の面白いネットサービスが生まれるようになるだろうけど、当分はないだろうなぁ。

それでも、日本から世界をリードするようなネットサービスを生み出す方法はないものか・・・と考えると、実に単純な方法があることに気づきました。
海外でリリースすることを前提に、日本語と英語の二言語でサービス作ればいいんじゃないかしら。
サービスの内容にもよるでしょうけど、二言語でリリースするからコストが2倍になるってこともないでしょう。
それでいて、日本語圏のみをターゲットにするより、英語圏をターゲットに加えることで得られる収益は2倍以上だろうと思います。

というわけで、これからのネットサービスの開発には英語力必須ですな。
[PR]
by kude104 | 2007-05-30 23:59 | PC&ネット