世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブロガーと広告主をマッチングする

MarkeZine:◎ブロガーと広告主をマッチングするサイト「AD-Butterfly」開設へ

個人的な認識としては、ブロガーが掲載する広告を選んだり、広告主が出稿先となるブログを選んだりするのって、けっこう面倒なわりにはたいして報われない作業なんではないかという気がします。

ブロガーにとっては、広告枠を設置しておけばあとは自動的に報酬を最大化する広告が配信されるシステムが理想だろうし、広告主にとっても、広告を出稿すればあとは自動的に広告効果を最大化するブログに広告が配信されるシステムが理想だろうと思います。
「自分で選びたい」という要求の本当のところは、広告のミスマッチを回避したいという要求であり、それが自動システムで満たされるのであれば、別に自分で選ばなくてもいいやとなるのではないでしょうか。
バイラルマーケティングやレビュー+アフィリエイトなら別ですけど、「サイドバーに広告枠を設置してそこに広告を流す」という場合は、自動システムがいいと思うんですよね。

それを敢えて手動というか、ユーザが自分で選ぶシステムにしたのは、やはり自動で広告のミスマッチを回避するのは難しいんでしょうか。
ブログのエントリーからキーワードを抽出して広告のキーワードとマッチングさせるとか、データを蓄積することで、そこそこの精度で、だいたいこの手の広告をこの手のブログに配信するとこれくらいのクリック率になるといったことは把握できるんじゃないかという気がするんですが。

1.そのへんグーグルに特許押さえられていて、やりたくてもできない。
2.技術的に難しくてできない。
3.技術的にはどうにかなるが、コスト的にしんどい。
あるいは、意外とこれだったりしてと思うのは、
4.自分で選ばせることで、報酬額/広告効果を最大化させない。

今後もっとWeb広告市場が大きくなれば、有望なサイトを広告掲載先としてスカウトし、広告主からは高報酬の広告案件をゲットし、双方を(人力で)マッチングさせるような広告エージェントが登場するのではないか・・・と思っているんですがどうでしょうか。
そんなエージェントがいてくれれば、サイト運営者にとっては広告獲得のための営業活動を行わなくていいのでハッピー、広告主にとっては苦労して探さなくても広告掲載先として確かなサイトを紹介してもらえるのでハッピー、エージェントにノウハウが貯まるのでWeb広告市場全体としても効率化・活性化してハッピー、みたいな感じでいいんじゃないかと思います。

まぁ、いずれにしても、うちのような微小ブログには関係ない話ですけど。
[PR]
by kude104 | 2007-04-26 23:59 | PC&ネット