世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

軍神マルスを恐れるだけでは、彼を止められない

OhmyNews:日本中が戦争へと向かっている……

まぁたしかに、最近テレビやラジオのCMで、「俺は、君のためにこそ死ににいく」とか「私は、あなたの息子として死ねるでしょうか」とか、やたらと「死ぬ死ぬ」うっとおしいってのは共感するところです。
とりあえず死にゃ客は感動するだろうって思ってんのかね、みたいな。

ただ、”「硫黄島」という映画”とやらが「硫黄島からの手紙」のことなら、あれを観て「戦争の時代の日本を、残酷だが美しく描く映画だ」という感想を持つ人がいるのに驚いた。
あれほど、戦争は美しくもドラマチックでもないと描く映画もめずらしかろうと思うのですが。
うん、きっとこの記者さんは観てないんだろうな。

そもそも、上記エントリーは何が言いたいのかよく分からない内容ですが、要するに、”あらゆるこの国を取り巻く指標や、政策、そして、エンターテインメントも、「戦争」を指しているように、私には見える。戦争の時代が始まる――そういうように私には読める”ということなのでしょう。
個人のブログならともかく、いちおうメディアを標榜する場でフィーリングを語られても・・・みたいな思いは受けつつ。

この手の「警鐘を鳴らす」人々に何が足りないのかというと、やはり、「ただ警鐘を鳴らすだけ」というか「嘆くだけ」「懸念するだけ」なところでしょう。
「なにが始まるのか?なにが終わるのか?参加し、見ておこう」って、何に参加して何を見ておくおつもりなのか。
そこが本題だろうに、そこを書かないと意味ないじゃないですか。ねぇ?

ということで、もし仮に時代が戦争へと向かおうとしているなら、その時われわれはどうあるべきかについて考えてみよう。

戦争を防ぐには、国策レベルで言えば、戦わずして勝つことでしょう。
戦争は外交の一手段であり、外交とは国益を守りあるいは拡大するために行われるものであるとすれば、戦争以外の方法でそれが満たされればいいわけです。

となると、まずは外交力を高めること。
戦争という事態に至る前に外交で問題の解決を図る、その力があれば戦争は避けられる。
また、戦争は外交の一手段であるという役割り認識に乏しい軍隊は、どうしたって肥大化・暴走しちゃうので、そのへんは徹底的に教育するべしと思う。

次に、経済力で圧倒することでしょう。
金は剣よりも強し。
お金で解決できれば、武力を用いる必要はない。

そして最後に、ビジョン。
力ばかりが巨大になると、やっぱりどうしても、「もっともっと」と自国の国益ばかりを追い求めて敵を作りがちになってしまいます。
短期的近視眼的に国益を考えるのではなく、長期的遠視眼的に国益を考える、そういうビジョンが求めらます。
周辺国が平和で豊かになることによって自国も豊かになるような、そういう戦略が描けるといいですね。

というわけで、戦争をしないためには、軍事力を強化するために費やすパワーをそういう方向に注ぐべし、という主張をするのがいいのではないでしょうか。
「戦争はよくない。平和がいい」というだけでは、やっぱり一時的に気持ち良くなって終わりだと思うんですよね。
平和を守るというのは、もっと戦略的に取り組まなければいけないような気がします。

「イマジン歌って平和を守ろう」みたいな話より、外交官になって平和を守ろうとか経済人になって平和を守ろうとか、そういうほうが守れそうな気がするんですけどどうでしょうか。
[PR]
by kude104 | 2007-04-09 23:12