世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ美化宣言

ITmedia News:Yahoo!検索も“ブログは除外”機能

もちろん、どんな情報を望んで検索するかによってOn/Off使い分けるということなのだけど、これからますますブログでの情報発信が一般化していくだろう時代の流れに、一見逆行するかのような動きにも映る。

ブログ除外機能をことさら設けるということは、裏を返せば、検索エンジンがブログで書かれた内容の重要度を適切に計算できないということだ。
利用者をがっかりさせるようなブログをきちんと弾くことができれば、こんな機能は特に必要ないわけだから。
普通のWebページはそういう真っ当な方向で対応しようと努力しているだろうことに対して、ブログに対してはそれを諦めたかのようなこのブログ除外機能。
もしかして、ブログの重要度を適切に評価することは、お手上げ状態なのでしょうか?

はてブで取り上げられたこともあって、おかげさまで、うちにもちょこちょこトラックバックが届いているのですが、正直、本当にうちの内容を読んでトラックバックを送っていただいているのかどうか疑わしいものがあります。
たとえば、あるキーワードを検索してヒットしたブログとか、はてブのホッテントリに挙がったブログとかを自動収集して、それらにトラックバックを打って内容をごちょごちょっと自動生成したエントリーを自分のブログにアップするプログラムとか、作ろうと思えば簡単に作れる(と思う)。
手作業でやったって、そう手間でもないだろう。
おそらくそうして作られたのだろうと思わせるようなものが、けっこうあります。

そんなはっきり言って内容のないブログでも、大量にトラックバックを打って、キーワードをちりばめていれば、検索エンジンにヒットしやすくなる。
トラックバックからのアクセスも(内容に比べて)たくさんあるでしょう。
それでグーグルアドセンスでも貼って、0.001%でもクリックされりゃ、労せずしてお金が稼げるってわけだ。
ブログもタダ、エントリーの作成もほぼ手間なしだから、そんなブログを何十個も作れば、それなりにまとまったお金になるんじゃないだろうか。

こういったブログが、ブログ除外機能を必要とさせている原因のひとつだろうと思います。

ということで、これからは、半無作為に送っていると思わしきトラックバックについてはばっさり削除しちゃおうと決めました。
本当は、あんまり削除したくないんだけどね。
面倒だし、心苦しい気持ちもあるし。
でも、そういうスパム的なものを放置するのは、やっぱり良くないような気がするので。
ひとりひとりの心がけで、ブログをきれいにしていきましょう、みたいな。

もし誤って意味あるトラックバックを削除しちゃったならごめんなさいね。
そういうときは、懲りずにまたトラックバックしてやって下さい。
[PR]
by kude104 | 2007-03-27 23:59 | PC&ネット