世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

選挙で優れた政治家を選ぶなんてのは幻想?

選挙というものについて考えてみるわけだけど、世の中をより良いものにしてくれる政治家を選挙で選ぶということが、果たしてどの程度現実的な話なのだろう。
政治家の能力を測る「政治力」というパラメータがあるとしよう。
それは果たして、僕ら有権者に窺い知れるものだろうか。
選挙の際、こちらの候補者とあちらの候補者のどちらが政治力が高いかなんて、一部の実績ある政治家以外、まず判断のしようがないのではないか。

しかも、同じ「実績」と言っても、たとえば経営者だったら彼の会社がどの程度の利益を上げたかという数値でもって測れる。
でも、政治家の実績を表すデータといえば、今のところ、当選回数と得票数と、あとは肩書きくらいなものじゃないかと思う。
でもって、この手の実績が良くても、どう見たって政治力が低いだろうと思われる政治家はごろごろいる。
政治家の実績で測れる政治力なんて、選挙力と党内処世術くらいでしょ。
彼らが選挙の折に唱えるスローガンもまた、彼らの政治力を測る材料にならないことは言うまでもないしね。

政治を良くするには、有権者一人一人が選挙できちんと候補者を選ぶことだというのはその通りだとしても、現状できちんと選べる状態が整っているのか甚だ疑問だ。
きちんとした会社に投資することが大切ですといいながら、企業の収益データ等が公開されていない株式市場だったら・・・みたいな感じ。

一方で、というか同時にというか、そもそも政治家に有能さを期待するほうが間違っているのではないか、という気もする。
政治家として有能な人材というのは、往々にして他分野でも有能だろう。
そんな優秀な人材が、果たして何十人何百人と政治家になるものかな。

政治家(議員)の役割のひとつに法案の提出というものがあるけど、実際に法案を作って提出できる能力を持った人材がどれくらいいるだろう。
せいぜい、自分の得意分野ひとつに限れば可能、というので、かなり優秀なほうだと思う。
他の分野についてもそれができる人間なんて、いるほうが奇跡だろう。

となると結局、議員はオールマイティに凡人であることを前提に考えるべきだという気がしてくる。
政治家は政治的な事務処理を担当する人々という位置づけにして、個々の専門的な立案やら判断やらは、それぞれのエキスパートが担当するような形がいいのではないか。
今も多かれ少なかれそうなっているのだろうと思うけど、いちどそのへん、きっちり整理し直してみるとすっきるするのではないか。

政治家の重要性が下がれば、選挙で我々が適切に候補者を選べないことの致命性も相対的に下がることになるので、ひとつの解決策かなぁと思ったりする。
[PR]
by kude104 | 2007-03-26 23:59