世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロのブロガーを誕生させるのは、いいことだと思います

FPN-ブロガーの支援か、ブログ格差社会の拡大か、ブログ広告代理店(Agile Media Network)登場の意味

プロブロガーの誕生によって発生するデメリットもあるかもしれないけど、それよりもメリットのほうが大きいに違いない。

個々人がプロブロガーになるかならないか、なれるかなれないかは個々人の問題であって、「プロブロガーという職業」の問題ではないと思う。
「プロブロガーになると気楽にブログを書けなくなるからイヤだ」と思うならならなければいいし、プロブロガーになりたいけど実力が伴わないというなら努力するしかないわけで。

同様に、プロブロガーになったことでブログの質が落ちたり、読者からの信頼性が失われたりするなら、それはそのブロガー個人の資質の問題だろうと思います。
プロブロガー全員がそうなってしまうなら「プロブロガーという職業」の問題ということになりますが、まずそんなことにはならないでしょう。
プロブロガーになって質を落とすブロガーは別のブロガーに取って代わられるだけであり、読者たるわれわれにとってはなんら問題じゃない。
それは他の多くのプロの世界と同様ですよね。

プロ化することでクオリティが上がるだろうという期待感より、商業主義に毒されてクオリティが下がるのではないかという不安のほうが先に来るのって、ぼくにしてみると不思議です。
やはり、既存のメディアやらなにやらに対する印象で、そういうイメージが染みついちゃっているのかなぁ。

個人的には、プロ化によるブログへの影響よりも、本当にビジネスとして上手く回るのか、つまりプロブロガーにプロたるに足る収入をもたらすことができるのか、そちらのほうが当面気になるところです。
[PR]
by kude104 | 2007-03-07 23:59 | PC&ネット