世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

パロディとパクリのあいだ

ITmedia News:パロディー 試される文化の奥深さ

「ドラえもん 最終話」については、問題はパロディ云々じゃなくて、「商売したらあかんやろ」ってことに尽きると思うけどね。

「Web Trend MAP 2007」のケースなんてのは、おそらく、事前に一言許可を得るというか「こんなん作ってみましたがどうでしょう。問題ないっすかね」と東京メトロに一言お伺いを立てておけば、案外「面白いですね。いいですよ、どうぞどうぞ」となったんじゃないかなぁという気がします。

「筋を通す」というとなんですが、「勝手に使用された」ことに対する不快感がまず先に来る、みたいなところって結構あるように思うんですよね。
相手だって人間だもの。
許可しようかどうしようかというラインの場合に、「勝手に使用された」という不快感を与えてしまうことは大きなマイナスです。
逆に、たとえば「わざわざ訪ねて来てこちらの意向を尊重してくれた」なんて好印象を与えたなら、けっこうあっさり許可してくれそうな気がしませんか。

そのへんは、やはりさすが嘉門達夫さんだなぁと感心しました。
きちんと相手に許可を取る労を惜しまない。
たとえ断られても、相手の意向を尊重する。
パロディは、元ネタへの敬意あってこそというのがよく伝わってきます。

パロディじゃないですが、ちょっと関連するネタとして最近気になったものをついでに。

【2ch】ニュー速クオリティ:【トレース】 また少女漫画からパクリ発覚・・・! 連載中止へ

こんなんもねぇ、別にええやんって思います。
写真をトレースして漫画に使うくらい。
これくらいの”模倣”というか”加工”もアウトなんて言ったら、創作の世界回らんでしょ。

でも、これなんかも編集部がその写真の著作権者に一言通しておけばぜんぜん問題にならないケースじゃないかと思います。
それくらいは編集部がきちんとやれよって思う。
トレース可能な写真の素材を用意して漫画家に渡すくらい、やれるだろうに。
[PR]
by kude104 | 2007-02-08 23:49