世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「あるある」に怒る消費者

番組ねつ造:「あるある」に消費者から怒り-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

あれですね、人間いかに騙されやすいかということと、なんだかんだ言ってもテレビの影響力ってまだまだ巨大なのねということが、よくわかりました。

『あるある』が言うんだから間違いないってことで信じちゃうんだろうけど、肝心要の『あるある』を信じる理由というのは、要するに「テレビだから」でしかない。
決して、「過去、『あるある』の情報がたしかに正しかったと実感したから」ということではないなず。

でも、これはまぁテレビに限らず何でもそうだけど、ぼくらは発言の”内容”ごとに、いちいち「信用できる、できない」と判断しているわけではない。
それは現実的に不可能だし。
なので、”この人”は「信用できる、できない」という具合に、情報源の段階でフィルターを掛け、一旦フィルターを通ったものはわりと盲目的に信じちゃう。
宗教とかで、教祖を盲目的に信じて変なことやっちゃうのも、根っ子は同じでしょう。

つまり、ひとを騙そうと思ったら、騙す内容をいかに真実っぽく見せるかよりも、まずは自分のことを信用させる方が重要ってことだね。
「この人の言うことなら間違いない」と思わせれば、あとは多少荒唐無稽の嘘だろうと信じさせることができるんじゃないでしょうか。


それにしても。
「この番組では、前のダイエットの食品を忘れるころに別の食品のダイエットが紹介される。以前に放映されたチョコレートも寒天も試してみたがやせず、他の方法までもうそに見えてくる」
イイカゲンキヅケヨ──みたいな?

あるある大事典は見たことないけど、だいたい察するに、健康志向とダイエット志向を煽る番組でしょ?
次から次へと新しいダイエット方法が紹介されるというのは、要するに、どれも大して効き目がないってことじゃないですかね。
チョコレートも寒天もダメだったんなら、どうせ納豆もダメだってことでしょうに。

だいたいね、楽して痩せようってのが間違い。
こういうお母さんに「こつこつ地道に努力しなさい」とか言われたら、子どもとしては「おまえもこつこつ地道に努力しろ」って言いたくなりますね。

ねつ造だろうが真実だろうが、楽して痩せたいって考えでは痩せねーよ。
[PR]
by kude104 | 2007-01-22 22:07 | テレビ