世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

洗面台物語 完結編

多少の隙間ができつつも、どうにかこうにか洗面台の修復作業は進み、残りのピースが少なくなるにつれて、どこからともなくじわじわと嫌な予感が湧き上がってくるのを感じました。
どう見ても、欠けているスペースに対して残りのピースが少ない。

でも、「ピースを集め損ねることのないように」なんてことは、それこそ一番初めに細心の注意を持って行ったことです。
すべて拾い集めた自信がある。
足りないなんてのは、なにかの間違いだろう。

そう自分に言い聞かせて誤魔化してみたものの、修復が進むにつれて、それは明白に疑いようの無いことだと認めざるを得ませんでした。
どう見ても、ピースが足りません。

集め損ねていない自信もやはりゆるぎなくありましたから、これはもう、こう考えるほかありません。
粉々に砕け散って、ピースとも呼べないほどの小さな小さな破片や塵になってしまった部分が、この足りないスペースの部分なのだと。
ちょっと信じられないけど、そう考えるしかありません。

というより、理由などどうでもいい。
問題は、足りないピースをどうするかです。

さすがに、ピースが足りないんじゃあきらめるしかないかな・・・とも思いましたが、ここまで来て、あと一歩というところであきらめるのも癪です。
今あきらめたら、これまでの努力が水の泡じゃないか。
あきらめて業者さんに来てもらって、この半端に修復しようとして挫折した物体を見られるのは恥ずかしすぎる。
だったら、最初から業者呼べよって話です。

ここまできたら、何が何でも最後まで修復してやるんだということで、向かったのは日曜大工の強い味方東急ハンズ。
そこで何か使えるものはないものかと探していてふと目に留まったのが、DIY用の超強力接着剤。
これすごいワイルド。
なんたって、接着できるものに「コンクリート」とか「レンガ」とか「石」とか挙げられているんですもの。
それを見たとき、ぴーんとひらめきました。
「この接着剤で直に穴を埋めちゃえばいいんじゃね?」と。

実際、買って試してみたところ、接着剤というよりは超強力ガムといった感じで、多少の隙間くらいなら、これ埋め込めばまったく問題なくふさげてしまいます。
大きめの穴は、余った破片を集めて適当に接着してそれなりの大きさの破片にして、この超強力ゴム接着剤で強引に穴埋めしてふさぎました。

これにて、無事すべての穴をふさぐことに成功し、見事修復完了です。
実際、修復後もう何日も使っていますが、いまのところ水漏れ剥離等も見られません。
洗面台完全復活です。

──といいたいところですが、ただ一点。
見た目が悪すぎる。
ひびが入っているのと、ゴム接着剤で強引にふさいだ後が、汚すぎる。
「DIY」「ロハス」などと言って自分を誤魔化してみましたが、ふつーに、ただ貧乏くさいだけだからね。
まぁ、自分が使う分には、機能さえ問題なければ見た目なんてどうでもいいんですけど。

ただ、もしカノジョができて、初めてうちに来て、この洗面台見たら引くだろうなーと思う。
[PR]
by kude104 | 2006-12-17 22:19