世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3Dパズル・洗面台

さて、前回うっかり洗面台を粉砕してしまった私。
途方にくれる私の心に、神は告げたもうた。
「アロンアルファがあるじゃないか」と。

というわけで、さっそく洗面台の破片を拾い集め、アロンアルファによる修復に取り掛かりました。

修復に当たっての懸念のひとつは、アロンアルファの実力のほどです。
いかにアロンアルファとはいえ、相手は陶器の洗面台。
かなり重い。
しかも、接着面が粉々のばらばらです。
果たして本当に、アロンアルファで見事完全にくっつくのでしょうか・・・?

でも、実際にくっつけて見ると、そんな心配はまったくの杞憂でした。
アロンアルファすげぇ。
すげぇよアロンアルファ。
もうね、うそみたいにぴったりくっついちゃう。
これでがぜん気を良くして、せっせと修復に取り掛かりました。

やってみると、これがもう、すごい面白い。
まさにパズルです。
3Dジグソーパズル。
あるいは、まるで出土した貴重な土器の修復をしているような気分です。

これ、3Dジグソーパズルってことで商品化したら絶対売れると思う。
そうそう、こんなかんじで。
めっちゃオモロイ。

ただ、ジグソーパズルとは違って、ぼくの洗面台の場合、完成が保証されていないですけど。

初めはやっぱり、比較的大きなパーツからくっつけていきますよね。
まずは「このピースはここ」と分かる部分から片付けていって、徐々に難易度の高いピースを処理するというのが、ジグソーパズルのセオリーじゃないですか。
でも、そこは3Dジグソーパズル。
一筋縄ではいかない。
このやり方で3Dジグソーパズルに挑むとあとでえらい目を見ますから、皆さんもよく覚えておいてください。

3Dジグソーパズルは、いったい何が違うかというと、ピースとピースの接着面がきれいな平らじゃないって事です。
自然破壊で作られた切断面ですから、当然、ななめ、でこぼこ、ぐねぐねになっています。
そうすると、ピースの上側は手前からはめ、ピースの下側は奥からはめなければならないといったケースも往々にして生じてくるのです。
ところが、周りすべてを接着してしまって、あとはこのピースを上からはめるだけという状況を作ってしまうと、「奥からはめなければはまらない下側」に阻まれて、にっちもさっちも行かなくなるのです。
こうなると、アロンアルファの強力接着が逆にうらめしい。

幸いにもぼくは、このトラップにすぐに気づくことができましたので、被害は最小限に抑えることができました。
はまらないピースも、かなづちでガンガン叩いて無理やりはめ込むことに成功。
なんとか事なきを得ました。
(それにしても、かなづちでガンガン叩いても大丈夫なアロンアルファってすごい)

こうして、順調に修復が行われるかに思われた洗面台ですが、しかし、そんな楽観をあざ笑うかのように、3Dジグソーパズルの新たなトラップが立ちふさがるのであった!!
はたして、洗面台の運命やいかに?!
続く!!
[PR]
by kude104 | 2006-12-07 22:11