世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

いじめが多く報告される学校は素晴らしい

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <いじめ自殺>文科省の統計は「実態反映せず」 安倍首相

「いじめをなくそう」「いじめゼロな学校が素晴らしい」と、そういう評価基準が間違っているのではないかと思います。
ないほうが評価されるとなれば、当然、グレーゾーンのいじめは「ない」に分類されるし、「ある」ものを「ない」と言い包めるようなこともさせてしまうでしょう。
組織って、そういうもんやん?

なので、発想を転換してはどうだろう。

つまり、「いじめがより多く報告された学校が素晴らしい」とするわけ。
なぜなら、それは本来学校にばれないように行われるいじめを、それだけ多く発見したと言うことになるからです。
いじめ0件と報告しようものなら、「1件のいじめも見つけられないなんて、ひどい学校だ」と思われちゃうくらいの認識になれば面白い。

ただし、発見時のいじめの進行状況というものを重要視します。
この進行状況が初期の段階で発見するほど評価が高いものとします。
たとえば、いじめの初期段階で発見するほど得点を高くし、進行するほど得点を低くします。
自殺に至ってから気付くなんてのは最悪ですね。
それでも1点はあげよう。でなければ、隠蔽に繋がるから。

この計算で行けば、初期段階のいじめを多く発見するほど高得点に繋がります。
これで全国の学校の得点を計算し、「いじめ発見実績」とでも名づけて順位付けすれば面白いんじゃないでしょうか。
全国の学校が奮っていじめ発見に努め、ちょっとしたいじめでもいじめとして報告するようになるでしょうから。

もちろん、このままではいろいろ穴があるので、実用にはもっと練り上げる必要がありますが、発想の方向性としては悪くないと思うんですよね。
数値目標を、「減らす」のではなく「増やす」方向に設定するのって。

数字上「いじめ0件」な社会って、きっとどこか歪んでいると見るべきでしょう。
[PR]
by kude104 | 2006-10-31 23:59 | 時事・社会