世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

パリ症候群

日本人旅行者、夢と現実のギャップで「パリ症候群」 | エンタテインメント | Reuters.co.jp

パリを訪れる日本人観光客のうち年間12人程度が、実際のパリの様子に旅行前の期待を裏切られて精神的なバランスを崩すそうな。

まぁ、「見ると聞くとは大違い」と言いますし、年間12人くらいはそういう人もいるかも知れないな。
でも、たかが期待を裏切られたくらいで、「心理療法が必要な状態になる」って、大げさだなぁ。
いったい、どれだけショック受けとんねん。
──と思いながら読み進めていると、

在パリ日本大使館は今年に入り、宿泊している部屋が何かの陰謀で盗聴されていると訴えた女性2人をはじめ、自分がルイ14世だと信じ込んでいる男性や、電子レンジから攻撃を受けていると思い込んでいる女性など4人を本国に送還させたという。
めちゃくちゃショック受けてる!!

え? え?
期待と違ってガッカリしたくらいで、ここまで精神のバランスが崩れちゃうものなのか?
それとも、パリってそんなにひどいところなのか?

あるいは、殊更パリ旅行者に繊細な人が多いのかな。
なんといっても芸術の都ですから。
アーティスト気質な人って、ほら、なんか思い込みが激しそうじゃないですか。

それにしても、「電子レンジから攻撃を受けている」ってすごいな。
[PR]
by kude104 | 2006-10-23 22:56