世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

乙武ブログ炎上

rocketdolphinの日記 - チャネラー火病で乙武洋匡さんのブログが炎上

参照エントリーに状況が分かりやすく纏められていますが、先の秋篠宮妃紀子さまの男児出産に対する乙武さんのブログエントリーが炎上しました。
以前の亀田なんとかさんのボクシングの試合を巡って、上村愛子さんのブログエントリーが炎上したときのことを思い出しますが、それにも増してひどい炎上のように思われます。

特に、乙武さんの身体的特長を攻撃するようなコメントは、見ているこっちまできつくなります。
もしぼくが乙武さんだったら泣いてブログを閉じると共に人間不信になって部屋の隅っこで三角座りをして引きこもってしまうこと請け合いですが、強いなぁ乙武さんは。
己の──というか、障害者全員の尊厳を踏みにじるかのような暴言の数々を、消したりコメント欄を閉じたりすることなく受け止めているのですから。
並の人間に出来ることではないよ。
すごいひとだ。

それにしても。
今回の件を見て、ぼくの中になんとなく、こういった“炎上”をこの世から無くすことは出来ないかもしれない、という諦観が芽生え始めています。
前回の上村愛子さんのときには、どちらかというと、こういった炎上は無くすべきだと考えていました。
「もっとみんな賢くなろうよ」みたいな苛立ちがあったし、全体のモラルやネットリテラシーが向上することで無くせるはずだという気がしていましたが。
でも今回、「駄目だこりゃ」と思ってしまったんですよね。

炎上はたぶん無くならないし、そもそも無くすことなんてできないのではないか。
副作用とでも言えばいいか、ネットをネットたらしめるために、こういった害悪はある程度容認しなければならないのではないか──と思い始めているぼくがいます。

だって、まず、すべての人々が賢くなるなんてことは無理だし。
「人類がみんな仲良くなれば戦争は無くなるのに」ってのと同じで。
乙武さんのところに書きこまれたコメント読んでいてつくづく思いますが、理知的じゃないコメントの多いこと多いこと。
こんなコメントを書くような人たちと、どうやって分かり合えばいいの?と思ってしまう。
リアルな社会を見まわしても、どうしようもない人たちっているじゃないですか。
なのに、ネットだけみんなが賢くなれるはずが無いよなぁと、当たり前のことですが、そう思います。

じゃあ、システムや制度によって愚かな者どもをネットから弾いてしまえ!ってことでいいかと言えば、そうも言い切れない。
たとえば極端な例でいえば、みんながmixiでエントリーを書くようになったらと考えると、あまり歓迎したくない。
炎上をなくすために、ネットの良さを殺しては意味がない。

──と頭では思い始めているのですが、いざ実際に自分のブログが炎上したら、ぼくは堪えられるかなぁと考えると、たぶん無理だろうなぁ。
副作用と思って許容できる人は本当にごく一握りだろうし、炎上を恐れて言いたいことが言えない世の中じゃポイズンだから、やっぱり何か対処策が必要なのかなぁ。

ちなみに、乙武さんのブログに寄せられたコメントに対するコメントとして

切込隊長BLOG(ブログ) - 乙武洋匡氏のブログの小炎上で寄せられたコメントを深く吟味する

はなかなかウィットに富んでいて面白かったです。
同じコメントでも、これくらい面白ければいいと思う。
[PR]
by kude104 | 2006-09-09 23:59 | PC&ネット