世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中国産ウナギのずさんな輸入検査に潜む危機

痛いニュース(ノ∀`):中国産ウナギから基準値22倍超の「殺虫剤」検出・・・厚労省が検査命令

そしてこのニュース。

中国産ウナギ:ずさんな輸入検査 5機関が無作為抽出怠る-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

中国の人に安全意識を求めるのはもう諦めているわけだが、日本の人まで信用できないなら、いったいどうすればいいのさ。
検査機関のくせに、まともに検査できないんならやめちまえ。

「(合成抗菌剤が含まれていない)きれいな商品の箱が検査用に積まれている」との情報が寄せられた──とあるけど、これってつまり、普通の商品だと検査に合格しないと自覚しているから、検査用にきれいな商品を用意したってことですよね。

汚染ウナギがたまたま混入したとか、業者も汚染を知らなかったとかなら、こんな小細工は用意できない。
つまりは、汚染ウナギの輸入は意図的で常習的だったと見るべきでしょう。

検出された「有機塩素系殺虫剤エンドスルファン」というのは農薬らしいので、農薬による環境汚染がウナギに及んだと考えるべきでしょうか。
だとすると、その一帯で採れるウナギはすべて汚染されていると考えられるわけで。
汚染されたウナギが大量に採れるからこその小細工だということもあわせて考えれば、つまり、そういうことなのでしょう。

調査を実施したある地方厚生局は「(採取の)習性を業者が悪用して、検査用の箱を荷台の上部に積むことなどが考えられる」と指摘──というけれど、本当かなぁ。
「悪用」だといいけど。
最悪の想像として、業者による検査官への賄賂・買収があったのではないかと疑ってしまいます。

だって、もし環境汚染なら、まともに検査をされたら、その一帯のウナギはすべてアウトになるわけでしょ。
それを考えれば、ちょっとくらい賄賂をばら撒いても、じゅうぶん元が取れる。
どうせバレたって行政指導で済むんなら、買収するほうもされるほうもじゅうぶんセーフティだし。

ずさんさに付け込まれたのと買収とではえらい違いなので、そこんところ、きちんと調査して欲しいです。

いずれにしても、結局ぼくらに出来ることは、素性のはっきりした食べ物を食べるしかないってことですね。
健康に生きるには、金が掛かるなぁ。
[PR]
by kude104 | 2006-09-03 23:59 | 時事・社会