世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

そろそろ本気で「安全な車」を作るべきときが来ている

Yahoo!ニュース - 西日本新聞 - 車転落3幼児死亡 「飲酒後にドライブに」 容疑者の車ブレーキ痕なし

これなぁ・・・。
飲酒運転をした容疑者を庇うわけではないけど、他人事じゃない気がして、単純に「容疑者が愚かだった」で済ませられない気もするのです。

いや、もちろんぼくは、これまで一度も飲酒運転をしたことはないですよ。
だって、ペーパードライバーだもん。
ってのはまぁネタとして、これからだってするつもりは無いです。

でも、酔っ払ったぼくが運転しないとは断言できない。
なにしろ、自分の知らないもう一人の自分がそこには居るからね。
あるいは、自分の家族や友人が飲酒運転しましたと聞いても、驚かない。
わりと軽い油断で、飲酒運転ってしちゃいそうな気がします。

飲酒運転じゃなくても、これからの高齢化社会、認知症ドライバーの問題もある。
あるいは、普通のドライバーでも、何かに一瞬意識を持って行かれることも、ないわけじゃない。

つまり、車社会の安全は、運転者の技量に頼るだけじゃ足りなくて、車そのものが機能的にもっと安全であるべきだと思う次第です。
プールの吸水口の事故なんかであれほど安全性安全性と叫ばれるのに、自動車はどうしてそのへん問題にならないんですかね。
交通事故はたくさん起こりすぎて、当たり前になっているからでしょうか。
だとしたら、なおさら「安全な車」が必要です。

トヨタ:車が歩行者検知…新安全技術でレクサスてこ入れ-企業:MSN毎日インタラクティブ

ということで、がんばれトヨタ。
でもって、他のメーカーも見習え。
そうして、各社が車の安全性を競うようになればいいなと思います。
走行性、環境性ときて、次なる競争ポイントは安全性ですよ。

自分が被害者にならないためにも、そして自分を加害者にしないためにも、安全な車が欲しいです。
[PR]
by kude104 | 2006-08-28 23:02 | 時事・社会