世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日本が持つべき「武力」とは?

北朝鮮のミサイル発射を受けて、政府の「これから対応を協議したい」というコメントに一言。
「そんなもん、事前に協議しとけ!」
寝耳に水って事態じゃないんだから、「Aパターンならこの対応、Bパターンならこの対応」と予め決めておけば良いじゃないか。

──ってまぁ、「これから協議する」ってのは表向きのコメントで、裏では決めてあるんでしょうけど。
なんだかこう、見ていて歯がゆくて。

しかし、いざ考えてみれば、実際に日本が取れる選択肢なんて限られていますね。
「各国と連携して、強い態度で望む」くらいしかない。
あ、あと「いかんのい」と。

こういうときにつくづく思うのは、やはり日本にも「武力」が必要だということです。
アメリカにしても国連各国にしても、自国の国益を犠牲にしても日本に協力しようなんて、これっぽっちも思ってませんて。
北朝鮮の脅威なんて、彼らにしてみればしょせんは他人事ですもんね。
そこを強引にでも日本のために働かせる、そんな外交力が日本にあるかといえば・・・ない。
外交能力の有る人材がいないということもあるけど、とどのつまりは、外交カードとして使える「武力」がないのが大きい。

というわけで、日本も「武力」を持ちましょうと言いたいわけですが、ただ、単純に戦闘兵器を持ちましょうとは言いません。
この日本が、「ならば戦争だ!」なんて言う国になっちゃうのは、やっぱり抵抗があるので。

となれば、日本が持ち得る唯一の「武力」は、これはもう「経済力」でしょう。
最近じゃなんとなく下降気味な気配もありますが、それでも一応世界有数の経済大国ですから、これを武器にしない手は無い。

アメリカや国連主要国の中枢に対して、ジャパンマネーを注入しておく。
もちろん、それとなく。
そして、いざ事が起きたときに、「資金の提供を停止しようかなー、資本を撤退させようかなー」などと言いながら、協力をお願いするわけです。

言うなれば、世界の「株」を大量に保有して大株主になるのだよ、日本が。
「投資外交」「投資防衛戦略」みたいな?
なまじ半端な戦車やミサイルより、かなり強力な「武力」になると思うんだけど。

実際、「国連分担金、払うのやめよっかなー」くらいは言っても良いと思うんですけどね。
場合によっては。
[PR]
by kude104 | 2006-07-05 23:59 | 時事・社会