世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

シンドラー社のエレベーター、またトラブル

ニュースを見ていると、ちらほらと「シンドラー社のエレベーター、またトラブル」といったトピックを目にします。
あの高校生の死亡事故以来、わりと頻繁に目にするようになりました。

そこで、ふと思うわけです。
あの事故以来、途端にエレベーターの故障率が高くなったわけではありますまい。
むしろ、点検などによって下がっていても良いくらいです。
なのに事故の報道件数が増えているのは、単に、今まで報道されていなかった(あるいは、報告されていなかった)ニュースが報道・報告されるようになったからでしょう。

ってことは、今まで報道されていなかっただけで、同じようにこれくらいの頻度でシンドラー社のエレベーターにトラブルが発生していたということですよね。
何年間か分かりませんが、その間ずぅ~っと。
表面化しなかっただけで、何度も何度もトラブルが発生していたってことですよね。
なんか怖いな。

同じように、広範囲で頻発して起こっているんだけど、まだ表面化していない事件・事故というものが、きっとあるんだろうな。
こういうのは、それぞれが独立した「点」であるうちは表面化しないんだ。
何かの折に、点と点が結びついて「線」になった瞬間に、ぶわっと「面」レベルで表面化するんだな、きっと。

情報は共有しないと、それぞれがただの「点」で終わってしまう。
そして「点」が発生したときには、それが実は「線」の一点ではないかという疑いを持って、他の「点」を調べなければならない。
それが大事ですね。

ま、シンドラー社は、それが「線」だと知って黙っていたんだろうと思うけど。
エレベーターにもリコールの義務が必要ですね。
[PR]
by kude104 | 2006-07-02 22:10 | 時事・社会