世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日本、納得の敗退

日本対ブラジル戦。
結果は1-4の大敗でしたが、これで良かったんだと思います。

まず、「あのブラジルから1点取った」ということで、最低限の自尊心が保たれましたね。
あの1点が有るのと無いのとでは、大きな違いです。

そして、完膚なきまでにやられたというのも、いっそさっぱりしていい。
おかげで、「あのときああだったら勝てた」とか、未練がましく思わなくて済む。
自分を偽りようがないというか、誰がどう見ても実力で負けたことが明白に分かっていい。

さらに言えば、オーストラリアが2位通過したというのも良かった。
「1戦目、オーストラリアに勝っていれば・・・」という言い訳も、オーストラリアが2位通過したことで、あれもやっぱり実力通りの結果だったのねということが明白になった。

結局、順位はチームの実力通りに並んだという印象です。
「たられば」はいくつもありますが、数字で見ると、やはりこの並びになるのは当然だなと思います。

ところで。
日本は決定力不足と言われますが、気づけば3試合で7失点です。
実は守備のほうにこそ、より問題があるんじゃないですかね?
川口選手がいなければ、さらに3失点くらい上乗せされていてもおかしくないですし。

まぁ、あのポルトガルですら「40年ぶりの決勝トーナメント進出!」とか言ってましたし、そんなに勝てるもんじゃないですよねー。
なんとなく、日本もこれからしばらく「勝てない」時代が続くのではないかという気がします。
日本が実力で決勝トーナメントに進出するまでには、あと20年くらいかかるんじゃないでしょうか。

ま、なにはともあれ、眠かったー。
選手たちはブラジルとの戦いでしたが、ぼくは睡魔との戦いでしたよ。
なんとか90分間耐えしのぎましたが、これは、これからの決勝トーナメントの観戦に大きな不安を残します。
ワールドカップも、毎大会日本で開催してくれませんかね。
電通パワーで、なんとか。
[PR]
by kude104 | 2006-06-23 22:45 | テレビ