世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

暴徒鎮圧の秘密兵器に

何気なくテレビを見ていたら、海外のどこの国だったか忘れましたが、バスケットボールの試合で興奮したファン同士の小競り合いが暴動に発展して怪我人が多数出たというニュースがありました。

映像では、鎮圧に駆け付けた機動隊が暴徒をバシバシ殴っているシーンや、催涙弾を撃つ機動隊に対して消化剤を撒き散らして応戦する暴徒の様子や、群集が一ヶ所にぎゅうぎゅうになったために観客席の柵が壊れて、人々が下の階に折り重なるように落ちるシーンなど、まさに大混乱といった様子でした。
どうやら、幸いにも死者は出ていなかったようでなによりです。

これを見ていて思ったのは、興奮した群集を沈静化するのに、武力をもってするのはなかなか難しいのではないかということ。
興奮している相手に攻撃的に対応するのは、火に油をそそぐようなものです。
やられることで、相手は「なんじゃこらー!!」と一層エキサイトしちゃいますから。
油田の火災をニトロで吹き飛ばすくらいに、圧倒的な力で瞬時に制圧できるならいいですけど、そうでない場合は、鎮圧までにけっこう被害が拡大しそうです。

で、何が言いたいかといいますと、今回このニュースの映像を見ていて、ふと、「もし、この状況で、吉本新喜劇のテーマ曲が流れたらどーなるんだろう?」と思ってしまったんですよね。

うがーっと興奮して暴れている後ろで、「ホンワカパッパ~ ホンワカパッパ~ ホンワカホンワカホ~ン」とBGMが流れていたら、なんかこう、コミカルじゃない?
暴れている人も、知らず知らずに音楽のリズムに合わせて暴れてしまったりして、そーゆーのは状況がシリアスであればあるほど滑稽で笑っちゃうと思う。
で、一旦笑っちゃったら、もう暴動って気分じゃなくなるでしょう。
そういう空気は多分すぐに伝播して、暴れているほうも、「吉本新喜劇のテーマ曲で暴れる私」という状況に気づいて、思わず脱力してしまうんじゃないだろうか。

反対に、ここでロッキーのテーマ曲とか流したら、みんな持てる力以上の力で暴れそうです。
最後には機動隊と暴徒との間に友情すら芽生えたりして。
それはそれで、爽やかでいいかも。

とまぁ、そんなバカバカしいことを考えながらニュースを見ていたわけですけども。
実際どうかなぁ、場違いなBGMを流す作戦。
効果ないかなぁ。
わりと笑っちゃうと思うんだけどなー。

まぁ、仮に効果があったとしても、なんとなく不謹慎だとして採用されない可能性が高いかな。
[PR]
by kude104 | 2006-06-17 23:59 | テレビ