世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ぼくは信じていない、朝日の言葉を

朝日新聞のCMがきらいだ。
「私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」ってやつ。

初めはそれほどでもなかったんですが、こうも何度も何度も繰り返し聞かされると、だんだん腹が立ってきて。
なんか、自分で自分の言葉に酔いしれているやつを見るようで、気持ち悪い。

だいたい、「言葉のチカラを信じている」から、どうだというのか。
それがジャーナリスト宣言だって?
おいおい、思い上がるのもたいがいにしろよ・・・とか言いたくなっちゃいますよね。
「言葉のチカラ」で、自分たちが世論を動かせるとか思ってんじゃねーだろうな、みたいな。

報道メディアが「言葉のチカラ」を語るスタンスとしては、「言葉は真実の前に無力だ」→「だから我々は淡々と真実を報道します」というメッセージを語るか、「言葉には力がある」→「だから我々は慎重に報道します」というメッセージを語るか、どちらかじゃないでしょうか。
ただ単純に「言葉には力があるんですよー」というCMでは、無邪気すぎるだろ。

なにより、不祥事やら何やらで朝日新聞が信用を失い、また新聞そのものがネットに侵食されつつあるこの未曾有の危機的状況にあって、「私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言」だもんなぁ。
無邪気というか、ずれてるというか。

報道メディアが「ジャーナリスト宣言」とか言っちゃってる時点で、かなりカッコ悪いんだから。
あんまり嬉しそうにCM流さないで欲しい。
[PR]
by kude104 | 2006-06-13 23:50