世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ネットの原稿料

みなさん、さようなら。ブログ連載から降ります。 烏賀陽(うがや)弘道の音楽コラム

これはなんというか、難しい話だなぁ。
「インターネットメディアの原稿料が安い」というのは、ある意味、当然のことという気はします。
だって、インターネットメディアは原則無料だもんね。
広告でどれだけの収入があるかにもよりますが、現状ではたぶん、プリントメディアに遠く及ばないでしょう。
当然、運営サイドとしては支出を減らさなければならないので、原稿料が安くなるのもしょうがないとは思います。

ただ、関わる人間が一律に賃金を減らされるかというと、おそらくそうでもない。
運営者・編集者は、たぶん会社からお給料を貰ってやっているわけで、「インターネットメディアに移ってもらったから、お給料は減らしますね」というわけにはいかない。
そこがサラリーマンとフリーランスとの大きな違いだろうと思います。

そして、需要と供給で言えば、インターネットメディアは少なく、ライターは多い。
メディアの替えはそうそうないけど、ライターの替えはいくらでもいる。
もちろん、質の高いライターは「いくらでもいる」ってわけには行きませんが、運営サイド側から見た「取り替えの効かないライター」ってのは、いなくなると読者が何割か減るライターのことでしょう。
そんなライターは、それほど多くは無い。

この問題はおそらくインターネットメディアに限定されたものではなくて、プリントメディアが衰退すれば、そこでも同じようなことが起こるに違いない。
ライターに支払う原稿料を元に売上を決められたらいいのだけど、現実はその逆だから。

仮に、自分でインターネットメディアを持ってみれば、ネットで文章をお金に換えるのがどれほど難しいか骨身にしみて分かります。
運営サイドが原稿を安く買い叩いて暴利をむさぼっているとか、そーゆー単純な話ではないですね。
今はそーゆー単純な話かもしれませんけど、将来的には、ライターはおろかメディアそのものが立ち行かなくなる時代が来るかもしれない。

やはり、どうにかしてネットにお金を回さなきゃならんという気がしますねぇ。
[PR]
by kude104 | 2006-06-09 22:04 | PC&ネット