世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

パトロンシステムへのトラックバックに感謝して

「パトロンシステム」のエントリーにトラックバックを頂いたので、お礼をかねての返信的追記です。
さくらンにっきさん、トラックバックありがとうございます。


投げ銭システムというセンシティブなシステムに、名誉というこれまたセンシティブなシステムを組み合わせるというのは、かなり難しいのではないかと思われます。

さくらンにっき: 商品としての名誉

ぼくの中では、どちらかというと、「投げ銭システムの中にある“名誉”を視覚化する」というイメージです。
とはいえ、現状の投げ銭システムには、たぶん“名誉”の要素は含まれていないでしょうから、このへんはリアルな慈善事業とかをイメージしています。

とくに海外でお金持ちがぽんぽん気前よく慈善事業に寄付をしたりするのは、税金対策ってこともあるでしょうけど、やはり、そうした行為が社会的なステータスにつながっているからではないかと思うのですね。
もし、すべての寄付が匿名で、誰が何にいくら寄付したのか分からないシステムだったら、行われる寄付の規模はかなり小さくなるのではないかと想像します。

ですから、投げ銭システムにおいても、献金者を匿名から“名前持ち”にすることで、そういった力が働くのでは・・・?というのが発想の基本です。
「欲望ガツガツで醜い」というイメージになっちゃうと、当然、社会的なステータスにつながりませんから、そのへんは上手くやらなければならないでしょう。

一方、投げ銭を受け取るクリエイター側ですが、こちらはある程度ガツガツして欲しいと思っています。
「認められたい」「有名になりたい」「小銭を稼ぎたい」というエネルギーが大きければ大きいほど、創作の原動力になると思うので。

「お金なんかどっちでもいいよ」という人は、広告でいいと思うのです。
でも、「ちょっと真剣に創作活動をお金に換えよう」と思った場合に、今の広告システムというのは、あまり適しているとは思えません。
コンテンツを有料化することなく、広告よりもストレートに収入に結びつくシステムが必要だろうと考えます。
問題は、「真剣にお金に換えよう」というクリエイターがどれだけいるかですね。

パトロンシステムが成功すれば、「真剣にお金に換えよう」というクリエイターも出てくるでしょうから、重要なのは立ち上げをいかにスムーズに行うかですね。
それにはやっぱり、さくらンにっきさんが仰るように、イメージ戦略かなぁ。
ある程度ブームになるくらいでないと、上手く行かないでしょうね。

ほっとけない世界のクリエイティブキャンペーンと銘打って、ホワイトバナーでも配るかな。
[PR]
by kude104 | 2006-05-31 23:01 | PC&ネット