世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「コンテンツの販売」に未来はあるか?

今回からはいよいよ、クリエイターが自分のサイトで配信するコンテンツから利益を得る仕組みについて考えたい。

現在、クリエイターが自分のサイトで配信するコンテンツから利益を得る方法は大きくふたつ挙げられます。
ひとつは、広告収入。
広告収入には、GoogleAdsenseやアフィリエイトといった広告配信サービスを利用する方法と、企業から直接スポンサー料を頂く方法の二通りがあります。
そしてもうひとつは、コンテンツの販売。
もちろん、自分のサイトで直接お客さんに販売する直販形態になります。

とりあえず広告収入についてはあんまり面白くなさそうなんで、今回は「コンテンツの販売」という方向で考えてみたいと思います。
利益を得る仕組みとしては、これが一番素直で理想的だろうし。

ただ、今ある普通の「コンテンツの販売」では、大局的にはいずれ「ソフトがタダになる時代」に呑み込まれてしまうでしょう。

局所的には、たとえ「ソフトがタダになる時代」が訪れたとしても、コンテンツを販売して利益を上げるクリエイターは存在するだろうと思います。
間に配信会社を通さない配信は、クリエイターとお客さんが直に結びつきます。
距離が近くなることで、お客さんがクリエイターのファン化しやすくなる。
つまり、コンテンツを買ってくれるファンを作り出せるクリエイターは、「ソフトがタダになる時代」でもコンテンツを販売して利益を得ることができる。

とはいえ、「ソフトがタダになる時代」が本格的に訪れてしまうと、「わざわざ有料のコンテンツを購入しなくても、他に無料で面白いコンテンツがいっぱいある」という状況になるわけで、ファン化はかなり難しくなるでしょう。
これで利益を得られるのは、本当に一部の人気クリエイターだけになるのではないでしょうか。
個人的には、そういう「恩恵を受けられる人間が少ない」やり方は、あまり面白くないなぁと思います。

といったところで、続きはまた次回。
[PR]
by kude104 | 2006-05-12 23:59 | PC&ネット