世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ネットコンテンツで飯を食う仕組みについて

また「ソフトがタダになる時代」の話に戻ってしまいますが、前回「GyaOが・・・」と書いた後に「ITmedia エンタープライズ:ロングテール争奪に勝機あり!?」の記事を見つけました。
読んだ感じ、Yahoo!のほうが近いかも知れませんね。

ただまぁ、いずれにしても、どうやらコンテンツビジネスは良くも悪くもテレビ的なビジネスになりそうです。
夢というか理想というか、たとえば素人が面白いブログを書いて、それで飯が食える時代になればいいなぁといった憧れの未来像がぼくの中にあります。
しかし、広告ビジネスがもたらす社会というのは、どうやらそうはならないように思えてきました。

なぜなら、配信会社を中心とする広告ビジネスでは、配信会社にとっての活動目的は、自身が運営するサイトに客を集めることです。
よって、自身のサイト以外で配信されているコンテンツは、基本的に、配信会社にとって利益にはなりません。
だから、そこにお金は使はない。
お金を使うのは、自サイトで独占的に配信するコンテンツに対してです。
素人が無料で公開するコンテンツは、配信会社のスカウトの判断材料として、将来の収入を得るための種にはなるかもしれませんが、それ自体が収入を得るものにはなりません。

ブログの例でいえば、面白いブログを書くことでどこかの出版社から「本にしませんか?」という話が来るかもしれませんが、ブログそのものにお金が落ちてくることはないってことです。

コンテンツビジネスとしては、それで正しい。
もちろん例外は多々ありますが、ざっくり言えば、飯が食えるレベルのコンテンツが作れるならプロとしてやって行けるわけで、そういうひとはプロになればいい。
なので、素人で飯を食えるシステムを考える必要は無くて、プロになれる人間をプロにするシステムを考えればいいという話になる。

それはそれでいいとして、一方にそういったコンテンツビジネスがあって、もう一方には、才能のある人がネットにコンテンツを公開して、それで飯が食える仕組みがあって欲しい。

“素人”とか“プロ”という言い方をすると、ちょっと誤解が生じるというか表現として適切ではないかもしれないので、言い方を変えると、
「クリエイターが自分のサイトで配信するコンテンツから利益を得る」
仕組みが欲しい。
自分のサイトでってところが憧れポイントです。

配信会社に属するのをプロ(依頼を受けて仕事をして報酬を得る意味で)とすれば、自営業というか個人事業主というか、そういう立ち位置でコンテンツビジネスが出来れば世の中面白いんじゃないかなーと思います。
その一番極端な例が、素人が趣味で公開したコンテンツが利益を産むってストーリーでしょう。

はたしてそんな夢のような仕組みがあるのか。
それについては、また次回。
[PR]
by kude104 | 2006-05-11 23:59 | PC&ネット