世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

@wikiを使ってみた感想

ちょいとWikiでも使ってみようと思って、@wikiを利用してみました。
今日はその雑感でも。

その前にWikiとは何ぞやという話からですが、簡単に言うと、ブラウザからWebページが作れちゃう仕組みのことです。
ブログみたいなもんですが、ブログが主に日記サイトに使われるのに対して、Wikiはもうちょっと汎用的なサイトに使えます。
汎用的と言うか、ブログが基本的に時系列のログを扱うのに対して、Wikiは項目ごとに情報を整理するのに適しています。
無料の百科事典Wikipediaが良い例ですね。

で、Wikipediaが良い例のように、WikiはひとつのWebサイトをみんなの共同で作成・編集することを想定した作りになっています。
このページを更新できるのは、「運営者のみ」「メンバーのみ」「全員」という具合に、設定できるわけです。
したがって、グループウェア的な使い方が一般的です。

で、今回そのWikiを使ってみた感想としては、これはまぁ、無料Wikiレンタルサービス「@wiki」の感想ということにもなるでしょうが、思ったより扱いづらいなというのがまずありました。

「ブログの次はWikiが来る」みたいな話がありましたが、感触としては、まずないだろうと思います。
アカウントを取得したあと、初めて文章をアップするまでに要する手間が、ブログとWikiとではかなり違う。
やはり、ブログのほうが圧倒的に簡単です。

慣れてからならWikiのほうが何かと便利でしょうが、慣れるまでに要するコストがなかなか高そうなので、ちょっと触って放り出すというケースが多そうです。
ほとんどの人はブログで事足りるので、ターゲット層的に、Wikiはブログより一回りも二回りも狭いと思われます。

また、Wikiでは基本的にWiki独自の「整形ルール」を用いるということになっているのですが、このへんの扱いがちょっとややこしく思える。
@wikiでは、そのへんに配慮を見せてくれているのですが、そのことが余計に扱いづらくしているような気もする。

たとえば、文章を記入するときに「何モード」で記入するかというのに、「wikiモード」「ワープロモード」「テキストモード」とあり、「ワープロモード」にはさらに「高機能」「通常」「HTML直接」とある。
正直、なにがなにやら良く分からん。

「使いやすいモードでどうぞ」という親切心は、ときとして、初心者にとって混乱の元になる。
はじめから「wikiモードで」と固定されていたほうが、逆に初心者には親切かも知れない・・・と思ったりもする。

というか、この「編集モード」をページ単位で設定して、しかも設定できるのがページを新規に作成するときだけというのが、使いにくくしている主因だと思うが。
いや、じつはあんまり使い方の説明を読んでいないので、もしかしたら違うかもしれないけど。
普通はその都度自由に変更できるようにするよな。

全体として、ブログより自由度は高いけど、細かいところまで自分の思い通りに出来るほど自由度は高くないという印象がある。
なんかこう、狭い部屋の中で放し飼いにされているような気分です。

コメントやトラックバック機能をOFFにする方法もわからない。
ヘルプを読めば、書いてあるのかな?

他に気になったのは、用意されているデザインテンプレートの種類が少なくて、気に入ったものが見つからなかった点。
その代わりに、@wikiのいいところとして、スタイルシートを直接編集できるので、じかにいじればある程度自分の思い通りのデザインにすることは出来る。
でも、普通スタイルシートを直接変更しようなんて思わないですよね。
これは、ライトユーザの取り込みという点で、大きな問題点と言えるでしょう。

と、以上が数時間ほど使ってみた感想です。
正直、いまいち。
@wikiがこうなのか、それともWikiというものがこうなのか、他のサービスも試してみたいところだけど何気に面倒くさいよなー。
[PR]
by kude104 | 2006-04-24 23:59 | PC&ネット