世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カーリングで日本がメダルを取るために

この冬のオリンピックで一番のブレイク競技は、何といってもカーリングでしょう。
二番目はスノーボードクロスかな。

で、そのカーリングですが。
身体能力が勝敗にまったく影響しないので、欧米選手に体格で劣る日本人にはうってつけのスポーツだと思います。
というより、この先日本が冬のオリンピックでメダルを取ろうと思ったら、もうカーリングしかないのではないか。
少なくとも、メダルを狙える可能性の高い競技であることは間違いないですから、このオリンピックにおけるカーリング人気に乗っかって、競技人口を増やす取り組みを行うのがよろしかろうと思います。

競技人口が増えれば試合経験が増え、選手層が厚くなって、日本としてのレベルアップにつながります。
今からはじめれば、8年後のオリンピックでは、かなりの強豪国になれるでしょう。

ただ問題は、カーリングのように専用の場所と道具が必要なスポーツは、普及がたいへんだということです。
カーリングをしてみたいと思っても、近所にカーリング場なんてありません。
作ろうにもけっこうお金がかかるでしょうし、それに維持費だってかかりそうです。

せめてボーリングくらい需要のあるスポーツになればいいですけど、需要がないとカーリング場が作られない、でも、カーリング場がないと需要が生まれないという、ありがちなパターンになりそうです。

そこで、氷上で行う本格的なカーリングの前段階として、普通の体育館などで行える“インラインカーリング”みたいなものがあればいいと思う。
ローラーなりホバリングで滑るストーンくらいなら、現代の技術があれば作れるんじゃないだろうか。

──と思ったら、ありました。
その名も、カローリングというらしい(とくしまスポーツネット参照)。

そうそう、こういうの。
これを全国の学校やレクリエーションセンターなどに配って授業やクラブやイベントなどで使ってもらえばいい。
そうすれば、日本もカーリング大国に!

・・・と言いたいところだけど、うーむ。
残念ながら、これ、スウィープがない。
スウィープのないカーリングなどクリープのないコーヒーのようだという表現は古いけど、やっぱあれがないとなー。
カーリングじゃないよなー。

とはいえ、氷上ならまだしも、普通の床でスウィープはどう再現すればいいのかという問題は、たしかに難問だ。
普通の床をいくら掃いたって、ストーンの滑りが良くなるはずもない。

たとえば、ブラシにワックスを付けて磨くことでツルツルになる──みたいな方向性はどうだろうと考えたけど、下手すりゃ一面ワックスでべとべとになっちゃうし、第一そんな清掃員みたいなスポーツ、遊びたくないよなぁ。

となるとあれだ。
まずストーンの移動を機械制御にする。
でもって、スウィープブラシにセンサー付けて、万歩計の要領でスウィープパワーを計測するのだ。
あとはストーンとスウィープブラシとの距離と方向も計測して、それらによって、ストーンの移動を微調整するという超ハイテクカーリングマシーンしかない。
そんなカーリングマシーンは当然お値段のほうもかなり高くなる。
精密機械をガコンガコンとぶつけて遊ぶという、金持ちの道楽みたいなゲームになってしまいます。

このカーリングマシーンの出現によって、オリンピックにおけるカーリングという競技が、国の技術力と経済力を競うゲームになる。
これぞまさに、日本の独壇場ではありませんか。

・・・あれ?
なんか急にカーリングが殺伐としたゲームに思えてきた。

マリリンショット。
[PR]
by kude104 | 2006-02-21 22:36 | テレビ