世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

次代はアップルか?

アップル社の新製品、革新的タッチパネルを採用?(HOTWIRED JAPAN)

昨日の続きというか、昨日の今日でこのニュースを見つけて、「やはりか!」という気分と「なるほど!」という気分です。

マルチインプット・タッチパネル専用の新OSを作るとしたらMacだろうというイメージはありました。
最近のMacPC事情はまるで分かりませんが、ぼくの中では、Macなら(すなわちアップル社なら)、OSとPC本体を自社ブランドでセット販売できるよねというイメージがあります。
タッチパネル専用OSだけ販売したところで意味がありませんから、どうしたって、タッチパネルを搭載したPC本体とセットで販売する必要があります。
それを自社単体でできるとしたら、かなり有利でしょう。

でもって、一番最初にマルチインプット・タッチパネルの操作感覚に反応する人種は、たぶんアーティスト系の人でしょう。
PCで絵を描いてますとか、音楽作ってますとか、そういう人達。
で、そういう人達に対して、Macは今なお根強いブランドイメージを持っているように思います。

と、ここまでは「やはりか!」の部分。
今回「なるほど!」と思ったのは、iPodに採用するというアイデアです。
PCでいきなり採用するよりも、まずiPodで採用するというのは、なるほど実に上手いやり方だと思います。

iPodなら、タッチパネルスクリーンを標準搭載して販売することが簡単にできる。
タッチパネルスクリーンを標準搭載したPCとiPod、どちらが商品として売りやすいかなんてことは、考えるまでもありません。

それに、iPodのような携帯端末に最も適したユーザインターフェースは何かというと、おそらくタッチパネルでしょう。
PCでタッチパネルを使う積極的な意味は感じなくとも、iPodでタッチパネルというのは、多くの人にとって「なるほど」な組み合わせではないでしょうか。

こうして、タッチパネルというものの便利さを実感させておいて、「じゃあ、PCでも使ってみませんか? 便利ですよ」と持って行く。
このほうが、いきなりPCで売り込むより、受け入れられやすいに違いない。

アップル社が取得した特許の内容は分かりませんが、もし、タッチパネルに関するかなり強力な特許を取得したのなら、この先5年10年くらいでアップルの天下がやってくるのではないでしょうかね。
[PR]
by kude104 | 2006-02-14 21:18 | PC&ネット