世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中国とGoogle

「天安門事件」「法輪功」サイト見つからず――中国版Googleの検閲実態(ITmediaニュース)

なんでGoogleを非難するのかねぇ。
非難なら、中国政府にすればいいのに。

Googleが余計な気を利かせて自発的にしていることなら非難も頷けるけど、これって中国の法律に従ってという話ですよね、たしか。
もしGoogleが「俺様が正義だ、お前の国の法律など知らん」という企業であったなら、そっちのほうがやばいでしょ。
個人レベルならそれでも良いけど。

中国政府を非難するのは怖いから、あるいは、非難しても効果がないから、Googleを非難しておこうということでしょうか。

“検閲”される中国国民はかわいそうだねぇと思いますが、中国という国については、個人的には「放っときゃいい」と思う。
この件に関してはね。

日本の幕末期とか見ていると、結局のところ情報を遮断することが、いかに国の発展を阻害するかが良く分かる。
引いては、日本の戦前と戦後とを比べてもいいし、世界の国々を見てもいいけど、政府が国民を管理しようとする国家というのは、そうでない国家よりも「弱い」と言っていいのではないかと思います。
あるいは、「しなやかでない」と言ったほうがいいでしょうか。

たぶん、こんなことを続ければ続けるほど、中国という国はどんどん弱体化して行くに違いない。
だからまぁ、放っときゃいいんじゃないかなぁ。
[PR]
by kude104 | 2006-02-04 23:36 | PC&ネット