世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ソーシャルブックマークサービスについての雑感

先日、「ブログアーカイブが欲しい」と書いて、コメント欄でソーシャルブックマークサービス(SBS)の存在を教えて頂きました。

SBSとは、簡単に言うと、ブラウザについている「お気に入り(ブックマーク)」機能を他人に公開して、みんなでみんなの「お気に入り」を見せっこしあいましょうというサービスです。
見せっこしあうことで、たくさんの人にブックマークされているページは「読むべき価値がある」とか、自分の好みと通じるブックマーク傾向を持つ人がブックマークしたページは「読むべき価値がある」とか、そういう判断の手助けになります。

さっそくぼくも、自分のブックマークを持つところまでは行っていませんが、ここ数日、皆さんのブックマークを利用させて頂いています。
なるほど、これ経由で興味深いページを見付けることができる、その期待値は結構高いぞという感触です。

しかしながら、ふと思う。
この調子でどんどん情報量が増えて行っても、こちらにはそれを摂取するだけの時間がない。
「わーい、面白いエントリーがたくさん読めるぞー」と喜んでばかりもいられない。
そのうち、押し寄せる「面白いエントリー」の洪水に溺れてしまいかねません。

SBSは、言うなれば、押し寄せるエントリーを「ブックマーク」というフィルターで取捨選択するためのツールとして使える面を持つ一方で、場合によっては、ユーザの目に止まるエントリーの数を増やすツールとしての面も合わせ持つ。

「酒は飲んでも飲まれるな」みたいな感じで、「ブログは読んでも読まされるな」とでも言えばいいだろうか。
そこに面白いエントリーがあると分かっていても、それをスルーできるバランス感覚を持たなければ、溺れかねないなぁと感じました。

この世の中で、一番有限なものって、時間なんじゃないですかね。
[PR]
by kude104 | 2006-01-25 23:37 | PC&ネット