世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログアーカイブが欲しい

ブログの世界をちょっと手繰ると、コロコロと興味深いエントリーに出くわします。
あっちにも識者が、こっちにも識者が埋もれているという感じです。
世の中には、優秀な人ってけっこう多いな~と呆れちゃうくらいです。

ブログの普及によって優秀な人が増えたわけではないでしょうけど、秀逸なテキストが増えたことは間違いないでしょう。
そして、理屈の上では、そのすべてのテキストを読むことが出来る。
URLさえ分かれば、なんの苦も無くアクセスできるわけですから。

でも、そのURLが分からない。
──正確には、URLというより、テキストそのものの存在が分からないんですけどね。

たまたまあるエントリーを目にして、そこに記されたリンクをたどると、現れたエントリーが「これはぜひ読むべき価値がある」というシロモノだった、なんてことはちょくちょくある。

そうすると、少しのボタンの掛け違えで「そのエントリーに出会えなかった可能性」を考えてしまい、ちょっとクヤシイ気持ちになるのです。
今回はたまたま運良くそのエントリーに辿りつけたけれど、おそらく、まだ辿りつけていない「読むべきエントリー」は無数にあるに違いない。
その中には、一生辿りつけないエントリーもあるでしょう。

そう考えると、べつに何を損しているわけでもないけれど、なにかものすごく損をしているような気になってしまいます。

先日、株で20億円だか稼いだ人の記事を読みましたが、20億円も稼いだのなら、株なんて辞めて悠々自適に暮らせば良いのにと思うけれど、そこに儲けられる機会があると分かっていてそれを見過ごすのは、すごく損をしている気持ちになるから辞められない、といったことを話されていました。

まさに、そういう気持ちなんですよね。

しかし、有限の時間ですべてのエントリーを読むことは出来ない。
そうすると、いかに効率良く「読むべきエントリー」を探し当てるか──ということについて、考えてしまいます。

それで「こういうのがあれば良いな」と思うのは、読むべきエントリーをピックアップして紹介してくれるサイトですね。
たとえば、こんな感じ。

ユーザは、自分が「読むべきエントリー」だと評価するブログのエントリーを、このサイトのデータベースにどんどん登録していきます。
登録するデータは、基本的にはURL情報だけ。
(エントリー全文を登録しちゃ、さすがにいろいろ問題が出て来るだろうし)

ブログ名やエントリーのタイトルなんかはURLから自動抽出できるような気がするけど、できなければ、それも登録。
で、あとはエントリーの推薦文と、検索用のキーワードなんかもあるといい。

でまぁ、これを大勢の多種多様なユーザでやれば、自ずと「読むべきエントリー」がピックアップされて行くのではないかと思います。

ポイントは、ブログ単位ではなくエントリー単位でデータベース化すること。
ブログ単位でランキングなどを表示してくれるサービスはあるけど、エントリー単位ってのは、あまり無いんじゃないかな。

そして、人気ランキングを計算しようというのではなく、どちらかというと、アーカイブに近い感覚で集めて行こうというスタイル。

そう、要は、誰かが面白いエントリーを探し出して来て、サマリーつけてアーカイブしてくれれば嬉しいなーという話に近い。
なので、推薦文じゃなくて要約文でもいい。

たぶん、似たようなサービスがすでにあるような気もするんですけど、そのURLが分からないので。
[PR]
by kude104 | 2006-01-20 23:59 | PC&ネット