世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

それでも○○を信じる

「それでも黄教授を信じる」と支持集会(Yahoo!ニュース:時事通信)

まあそのなんだ。
事件そのものについて詳しくは知らないし、もしかしたらこの女性が正しいのかもしれないけど、なんかこういう反応って宗教っぽいと思ってしまったというお話。

最初は、「この人の言動は正しい、だからこの人を信じる」という具合に、実績が先で評価が後に来るんだけど、次第に、「この人は信用できるから、その言動は正しい」と、評価から実績を決めるようになるという罠。
うむ、こういうことは宗教に限らず、一般的によく見られますね。

たぶん、「正しいか間違っているか」の判断を、いちいち考えるのって面倒臭いんだろうと思う。実際のところ。
だから、“お墨付き”を付けて、それがあれば無条件に正しいってことにしてしまいたいのだ。
それ自体は悪くないどころか、非常に良く出来た処理アルゴリズムだと思う。

問題は、評価の更新を怠る点にある。
少なくとも、何か疑わしい実績が出てきたときに、評価が間違っている可能性を考慮しなければならない。
それを、評価に固執して、実績の方を捻じ曲げちゃったり無かったことにするのは、愚かなことよのぅと思う。

いついかなるときも、言えるのはせいぜい「この人は今までのところ信用できるから、その言動はたぶん正しいだろう」程度じゃ無いかなぁ。
神様にしてもね。

この正月、実家で母親とテレビを見ていたら、母親が例の有名占い師おばさんの発言のすべてに「うんうん、そのとおりやわ」と頷いていたのが心配です。
[PR]
by kude104 | 2006-01-14 23:57 | 時事・社会