世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

実家だと寝つきが良くなる

ぼくは、普段はものすごく寝つきが悪く、布団に入ってから一時間二時間寝つけないこともざらにあります。
でも、実家に帰ると、けっこう寝つきがよくなるんですよね。

なんでだろう?と思っていたんですが、今回の帰省で、ようやく理由が分かった気がします。

けっきょく、ぼくがなかなか寝つけない理由というのは、さあ寝ようという頃合になっても脳ミソがまだわりと活発に活動しているからです。
なにしろ、寝る1~2時間前までPCをいじったり考えごとをしたりして、脳ミソをフル稼動させているわけですから。
トップギヤで走らせているものを、いきなり「はい、ストップ!」ってワケにはいかないですよね。

布団に入って「さあ、寝よう」という状態って、他に何もすることがない。
脳にとっては、身体を動かす必要もなければ、視覚情報を処理する必要もない。
となると、有り余るパワーはすべて「考えること」に向けられます。

あれこれ考えるうちに、脳のギヤが順当に落ちてくれればいいのですが、たまに考えることに刺激されて、むしろ加速しちゃうときがあります。
そーなるともうダメですね。
眠れません。

で。
実家にいるときのぼくは、ほとんど脳ミソ使ってない。
とくに、晩ご飯食べた後なんてもう、ほんと何も考えずにぽけーっとテレビ観てるだけです。
言わば、徐行運転しているようなもの。
「はい、ストップ!」となったら、すぐにストンと止まれます。

理屈ではなんとなく分かっていたけど、今回、実感として分かりました。
寝つきを良くしたかったら、適度な運動とかよりも、「脳ミソ使うな」ってことだな。
不眠症でお悩みの方はぜひ一度お試しください。

・・・ってことはつまり、授業中に眠くなるのも、脳ミソを使ってないからだな。
[PR]
by kude104 | 2006-01-06 23:59