世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Flashは重い

今日は書くことなど何もない!
と力強く断言したくなるほど、何もない。

こういうときはゲーム制作のことでも書いて場を凌ぎたいところだけど、それだって、これと言って書くべきネタがない。
このところWebMoneyやなんやで、ぜんぜん作業を進めていないからだ。

友達と会うと、けっこうな確率で「ゲーム作り、どうなった?」と聞かれる。
期待されている──のではなく、たぶん、「いつ挫折するか」という興味でしょう。
今のところ、ぼく自身はまだまだやる気満々ですが、客観的にはそろそろイエローシグナルなのかも知れない。

正直言えば、FlashでアクションRPGを作ろうというのは、やはり少々無謀であったと思っています。
というのも、作業が遅々として進まない理由のほとんどが、「いかに処理を軽くするか」に苦心させられているからです。
これが普通のWinアプリだったら、そんな苦労すっ飛ばして、今ごろそれなりに形になっているだろうになぁ。

たとえば、画面のスクロールに関して。
やっぱり、普通にやるなら、プレイヤーキャラクターの移動に合わせてマップをスクロールさせたいじゃないですか。
でも、それだと処理が重すぎてゲームになりませんでした。
いろいろ工夫して試してみたんだけど、ついに諦めざるを得ませんでした。

他には、敵(というか動くキャラクター)を一度に10体くらい出すとキビシイとか。
なんかこう、「ファミコンレベルで作れということか?!」てな気分です。

・・・まぁ、ひとつには、うちのPCがヘボすぎるというのはあるんですけども。
おそらく最近のPCなら問題ないと思うんですが、自分のPCで遊べないもの作ったってしょうがないですからね。

せめて、「低スペックで動くFlashアクションRPGで、ここまでのことができるのか!」という部分が売りになるかな~と思いたいところですが、そこを評価してくれるユーザはまずいないだろうなー。

だって、普通にここ2~3年のPC持ってる人には、「低スペックで動く」と言われても関係ないし。
「いやいや、そのFlashプログラミングのスキルはたいしたものだ」と言ってほしいところですが、これにしても、ぼくが使っているFlashはバージョン落ちしたものなので、最新のFlashでは同じことをもっと簡単にできるらしい。
つまり、今せっせとしている苦労はすべて時代遅れの産物なんですよね。

じゃあ、なんでそこまでしてFlashで作ろうとするの?って話ですが。
・・・これはもう、「意地」としか言いようがないなぁ。
いやまあ、制約の中で工夫するというのは、それはそれで面白いってのもありますけど。

──と気付いてみれば、けっこうな分量が書けている。
いやー、めでたしめでたし。
[PR]
by kude104 | 2005-12-06 23:59