世の中の物事についてあれこれ考えるkudeの日記


by kude104
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

攻撃アクション

今日は特にこれといって書くネタがありません。
こういうときは、ゲーム制作の話でお茶を濁す。
と言っても、プログラミングのほうはこれといって進展していないんですけど。

2D見下ろしアクションゲームにおける基本的な操作は、移動と攻撃の2種類に分けられます。

今回、移動は取り立てて奇をてらう必要はないでしょう。
矢印キーで8方向へ移動するというスタンダードな操作方法でいいと思う。

となると、問題は攻撃アクションです。
2D見下ろしアクションゲームの面白さは、これによって決まると言ってもいいんじゃないでしょうか。

たとえば「剣を振る」だと、プレイヤーキャラクターの前方1~2マスを突くというだけのアクションです。
それ以上、広がりようがない。
当然、敵キャラクターへの攻撃パターンも、ある程度限られてしまいます。

できれば、「それひとつで多彩なアクションが可能」という攻撃アクションを用意したい。
そう思って、当初は『ゼルダの伝説』のフックショットにもうひと工夫した武器にしようと考えていました。
これだと、単に攻撃するだけでなく移動にも使えるので、アクションの幅が広がるからです。

でも、ちょこっと試してみると、思った以上にプログラミングが面倒臭くて断念。
まぁ、がんばれば出来ないこともないでしょうけど、ここは無理せず「次回のネタ」としておいて、今回はもうちょっと簡単なものにしようかと。

簡単という意味では「剣を振る」が一番簡単ですが、上記の通り、あまり広がりがないので、ここはひとつ「飛び道具」で行こうと思います。
設定としては、「魔法」ってことで。

「飛び道具」も、攻撃アクションとしては単純で広がりがありません。
が、こちらは「魔法」なら「魔法の種類」を複数用意することで、攻撃パターンにバリエーションを持たせることができます。
「状況に応じて魔法を使い分ける」という戦略性が加わるぶん、面白くなるんじゃないでしょうか。

ま、本当に複数パターン用意できるかどうかは分かりませんけどね。
なんか、それもまた断念しそう。

とはいえ、一種類の、一番単純な「一直線に飛んでいく魔法」だけでも、「剣を振る」よりかはまぁ面白いかなーと思います。
なんとなく。

・・・といった感じで、あまり進展のないゲーム制作の小話でした。
[PR]
by kude104 | 2005-11-08 23:59